インドネタまとめ

再現されて尚よく分かるRaja Ravi Varmaのインド絵画の素晴らしさが身にしみる。


インドのフォトグラファーVenket Ramがシェアした今年のカレンダー作品。Raja Ravi Varmaというインドで活躍したアーティストの作品を元に作品として再表現したアート作品。
すごいシェア数なので、私もブログに残しておきたいと思います。

この安定感ある構図。テーブルの上の小物まで本物そっくりに表現されています。

インドでとても一般的な赤と緑がベースの金で縁取られたサリー。私も結婚式の時のサリーはこんなのでした。ちなみに撮影はこのインドのジュエリー会社とタイアップして行われております。

 

これ、ケララサリーかな?

 

よくそれぞれの絵に会うモデルさんを探してきたなと。この絵画のモデルの女性もかなりの美人さんだったんでしょうね。

ライティングが素晴らしい。本当に、照明さん、お疲れ様です!

美しすぎかー!この絵画の女性が来ているサリーのドレープの表現、美しすぎかー!!そして実写のモデルさんも美しすぎかー!

これはさすがに白鳥が生白鳥じゃなかったですべ。とはいえ、サリーの足元のドレープの光沢が美しすぎます。

よく表現された月明かり。日中とは違う儚さの中にある強さみたいなものも感じさせてくれます。

これはケララサリーですよね?ストレートの美しい黒髪がシンプルなゴールドアクセサリーとマッチしています。

シタール!インドの絵画にはシタールと引いている絵画も多いですが、やはり絵になる楽器ですね。片方の脱げた靴も動きがあっていいですね。

脇らへんにあるリボンとメダルのようなアクセサリーは初めて見ました。これ、なんでしょうね?とても綺麗です。

 

ということで、フォトグラファーさんのFacebookはこちら、とても素敵なのと、コラボレートパートナーも表記されているのでもっと知りたい方は彼のFacebookページをフォローしてみてください!

 

今日もインドは目の保養。