インドネタまとめ

インドでVtuberは流行るのか?いちから社、NIJISANJIのインド展開!


私は日本のアイドルカルチャーは苦手なので、インドにAKB48の姉妹グループMUM48(MUMBAI48)ができると聞いた時に、ちょっとやめて欲しいと思ったタイプです。

そんなMUM48ですが、Twitterは去年から更新が止まっていて、Webもエラーが出てるので、もうなくなったんですかね?

 

そんなアイドルがちょっと苦手な私がイチオシなのがVtuber!ということで、今回日本のVtuber事務所NIJISANJIがインド展開をするということでご紹介!

まずは3人のVtuberからスタートみたいで現在絶賛オーディション募集中みたいです!

AADYA

ちょっとクルタっぽい服を着てるのと、その上にゆるっとしたパーカーを着ているバージョンが見られます。サイドの少量の髪を三つ編みにし、首の後ろを通し耳の上あたりで花で留めています。花はジャスミンとマリーゴールドですかね?耳にはゴールドのリングピアスがついています。ネックレスもインド感ありますね。目はちょっと眠たそうで、瞳の色は緑色で眉毛は下がり気味。少し内気な感じです。

 

ViHAAN

なんか猿系ですよね。ヒゲがちょっとウルヴァリン感。ゲームはスポーツ!って感じの男の子ですね。インドではこういう系はイケメンなのかな?イケメンかな?女子ターゲットなのか?そのままどストレートに男子ターゲットなのかピンとこない感じのキャラですが、すごくニュートラルなタイプではあります。

 

一番の一押しはこのこですね。Noor.
ツンデレな感じでコテっこてなヒンディー語話してほしい!!!とギャップが今からかなり想定できるキャラです。髪の毛は黒、つり目で瞳の色は赤ですね。両腕にヘナタトゥーをしているのはめちゃくちゃエキゾチック感があって良いです。これでケモノミミ(狼!)が付いてたら最高なのになーとか思いつつ、多分インドでは人型から入るのが王道だろうと。いや、ここは狙ってケモノミミにすべきだったんじゃないかともまだ思ってますが。

 

Vtuberだと言語に依存せず動かせるのと、中の人がすごく周りの目を気にせずに色々情報を発信できるのがポイントですよね。本当に会話能力やネタ力だけで勝負できるというか。むしろこれまで自分は表に出るほど可愛くない・イケメンでないって脚本書いてた人が自分のネタを自分で披露できるようになる機会が提供されるのはクリエイティビティの向上においてはめちゃ良いと思います。

 

あと、インドにはキャラが喋ってるだけのカトゥーンとか結構あるので、これもうまくいけばいけるのでは?と。あとはコンテンツのチョイス次第ですね。

 

ということで、気になる人はぜひ、Facebook, Twitterをフォローしてみてくださいね!