インドネタまとめ, 欧米ネタまとめ

あけおめです!うちのインドな雑貨ご紹介スペシャル!2019


あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします。
「平成最後の〜・・・」という言葉をよく耳にしますが、もう全く今が平成何年なのか?次の時代の名称なのか?全く日本のトレンドについていけていない私です。

 

今年のお正月は、全くお正月感がありませんでした。まぁ毎年のことなのですが、インドはディワリ、もしくはオーナムの時期が正月っぽいし、ヨーロッパはクリスマスが日本の正月っぽい感じがあるので、特にうちでは1月1日に何かがあるという訳ではありません。大晦日に友人宅でワイワイ集まってカウントダウンパーティーをするくらいで、神社に参ったりおみくじを引いたりは・・・しないですね。(そもそも神社ないし)

海外在住の友達のインスタやFacebook Feedの手作りおせちをみて「あぁ海外でもおせちって作れるんだな」と思いつつ、お餅の代わりのトッポギをもちもち食べてる感じで元旦は過ぎていきます。

 

そういえば大晦日の日にクライアントに「よいお年を」メッセージを作っている最中に猫がラップトップに座って意味不明なランダムなメッセージを送ってしまった挙句、ビデオコールまで掛けてしまうという失態をしてしまい、大いに謝罪した感じで2018年が終わってしまったことだけが悔やんでも悔やみ切れません。

 

 

そんなこんなで、北欧生活が3年目に突入するのですが、インドになかなか行けずにいるので、家の中でもちょっとインドな感じにしたいとインド雑貨を集め始めたら、家の中が徐々にインド化してきたのでうちのインドな雰囲気を醸し出してくれるインドなブツトップ7を今回はご紹介!

 

1、牛さん

インドといえば牛さんですよね。カラフルな牛さんが、北欧の白い壁によく映えます!

 

2、神様

これは旦那の家から受け継いで来たもの。私はガネーシャが好きなので、この神様の他にガネーシャーが2体います。全てサンダルウッドの木を掘って作られています。ちなみに、ロウソクたては北欧デザインのものなのですが、インドの神様にもしっくりマッチしています。白い壁は本当になんでも引き立ててくれるのがすごいですよね。

 

3、お香皿

石のお香立てです。 サンダルウッドのアグラバティ(お香)が好きなのでよく焚いています。香りはエキゾチックな雰囲気に一気になるので、気分転換にも最高です。

 

4、サンダルウッド

サンダルウッドと研ぎ石ですね。習字の時に硯を擦った時のように、このサンダルウッドと水で研ぐと、サンダルウッドペーストができます。たまに南インドのお寺で額に塗ってるお坊さんいますよね。それです。このペーストは顔に塗るとスーッとして良い匂いがするので、たまにフェイスパックとして使います。最高です。

 

5、ブラスに入った花

インドでよく見かける大きな器に入った花たち可愛いですよね。ブラスの器に毛糸で作ったマリーゴールドを入れると、なんとインド感が満載!部屋が明るくなります。

6、鐘

鐘です。めちゃくちゃ重いです。子どもの頭の大きさほどのあるアンティークの鐘をインドから持って帰って来ました。

 

7、ハンドブロックプリントのキルト

インドといえばハンドブロックプリント。その布地で作られたキルトはエキゾチックさ満点!ソファーにかけてもいいし、掛け布団としても使えるし、その肌触りのよさが最高です。

 

北欧といえば、マリメッコや、イッタラ、ルイスポールセンなんかのミニマルでスタイリッシュな家具が有名で、集めている人も多くいて、最初の頃は「あーなんかミニマルでかっこいい!」と思い買っていたのですが、やっぱりなんかインドの雑貨というかインドのカービングスタイルとかアートスタイルに惹かれるんですよね。ということで、北欧でインドな暮らしをこれからも楽しみたいと思います。

 

北欧のアパートは壁が白いのでなんでも映えるのが素晴らしいです。

 

そうだ!2019年はインドに買い付けに行こう!

 

それでは2019年も皆さんにとって素敵な一年になりますように!