インドネタまとめ

インドのバンガロールで「KINTSUGI(金継ぎ)」のワークショップがあるよ!


なんということでしょう。こんな素敵な組み合わせがあるとは!

インドと言えば金!といっても過言ではない(はず)そして、日本にもたくさん、金箔や金を使った伝統工芸があるんですよね。

 

今回は、そんな日本の伝統がインドに出会ったー(ウルルン風)

 

さてさて、今回そんな日本の伝統修復技法「金継ぎ」のワークショップがバンガロールで行われるとのこと!とりあえず、「金継ぎ」の意味をwikipediaでおさらいしてみましょう。

 

金継ぎ(きんつぎ)とは、割れや欠け、ヒビなどの陶磁器の破損部分をによって接着し、金などの金属粉で装飾して仕上げる修復技法である。金繕い(きんつくろい)とも言う。

 

破損部をで修復した痕跡は縄文土器にもみられる。室町時代以降、蒔絵など漆を使う工芸技術と、修理した器もありのまま受け入れる茶道精神の普及により、金継ぎに芸術的な価値が見いだされるようになった。本阿弥光悦作の赤楽茶碗(銘「雪峰」)のように、文化財に指定されたり、骨董として珍重されたりする金継ぎ陶磁器もある。現代においても、愛用の器を修理して長く使い続けたり、金継ぎの過程や跡をアートとして楽しんだりするために、金継ぎの請負業者や教室が存在している[1]

 

 

ということで、この「金継ぎ」のイベントを、インドのジュエリー・雑貨ブランドJAYPOREがオーガナイズしているのです。

 

見てくださいよ、この「金継ぎ」の美しさ。

 

 

接着された金の縁が、陶器の味わいを醸し出してます。

 

 

このままアクセサリーになっちゃいそうなデザインですよね。

 

 

他の画像はぜひJOYPOREのインスタをみてみてくださいね!

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Jaypore (@jaypore) on

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Jaypore (@jaypore) on

 

この「金継ぎ」を教えてくださる講師は、陶芸家・アーティストの鴨下知美さん。彼女のインスタもとっても素敵なので、是非フォローしてみてくださいね!

 

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Tomomi Kamoshita 鴨下知美 (@tomomikamoshita) on

 

イベントは11月20日@バンガロールのインディラナガールのお店にて!来週です!

 

インドと日本が出会うって、素敵な瞬間ですよね❤️