インドネタまとめ, 欧米ネタまとめ

海外の薬は強いの?副作用にご注意を! 鼻炎アレルギーの薬セチリジン塩酸塩錠


インドで正露丸が効かなかった経験から「その土地に病気にはその土地の薬を」ということで、これまで海外の薬局でいろんな薬を買って、飲んできました。

私の場合、旅行や季節の変わり目や友達の家に行くと、なぜか鼻がムズムズし、鼻水グズグズと鼻炎っぽくなることがあるので、日本ではこのサワイ製薬の薬をたまーーーーに飲ん出たんですよ。

 

 

 

今回、イタリアの旅行中に、また鼻炎感が出てしまい、泊らせてもらっていた友達のお母さんに心配かけるといけないので、イタリアの薬局でセチリジン塩酸塩錠10mgを買って飲んで復活したと思いきや

 

 

みや
鼻水止まったけど鼻の中がむちゃくちゃ痛い!

 

 

みや
吐き気がすごい!

 

 

みや
あくびが最後までできない

 

 

みや
あくびで空気を吸い込めない

 

 

みや
空気を吸い込むと吐き気がすごい

 

 

みや
匂いに敏感になる

 

 

みや
眠気がすごい!

 

 

というこれまで感じたことのないレベルの副作用が翌日襲ってきました。

 

 

一番苦しかったのは、空気が最後まで肺に吸いきれない感覚のまま、洞窟ツアーに行って新鮮な空気が吸えないまま1時間吐き気を抑えながら半笑いで友人のツアー説明を聞いていたことですね。

 

 

呼吸器官が気持ち悪いだけで、頭や体はピンピンしているので寝込むまでのことでもないし、とはいえ元気に観光するのもちょっとだけしんどいけどできてしまう。そして吐き気がするけど、脳がピザを食べたがってる。みたいな状況で一日過ごしたのはちょっとここ数年であるかないかのしんどさでした。

 

 

イタリアの薬局で買ったセチリジンは日本のサワイ製薬のものと同じ成分で同じ10mgだと書かれているのに、今までにないくらいの副作用。

 

 

私の体調が弱くなったのか、それとも薬が強いのか、よくわからないまま2日後にはケロッと治ってました。

 

 

旅先での不調はかなり苦しかったので、今度からは日本の薬をちゃんと持参するか(って言っても日本に帰らないので買えないんだけど)できるだけ薬に頼らずに自然治癒で治そうと思いました。

 

 

日本と同じ名前の薬でも、効き目が違うこともある。それはいろんな体調や状況が重なってのことだと思いますが、

 

 

皆さんも気をつけてくださいねー!

 

 

健康第一!