エンタメレビュー

一人で閲覧超注意!ホラー映画『Hereditary』が最後の10分除いてめちゃよかった!ネタバレ


ホラー映画大好きな私ですが、「ひっさびさにいいホラー来たーー!」という感じのやつです。
『Hereditary』、日本語読みだと「ヘレディタリー」という発音でしょうか、意味は遺伝の,遺伝的な、親譲りの、といった受け継ぐ感じの意味ですね。

まずはトレーラーをご欄ください。もしホラーが好きじゃない方はやめておいた方がいいです。

 

忠告です。

 

もし私が10代でこの映画を見ていたらトラウマになったと思うレベルの映画です。

 

この映画を観た数日後に出張があり、一人でホテルに泊まったのですが、怖すぎて一晩中電気を消せなかったレベルで怖かったです。

 

私は怖い夢は頻繁に見る(ほぼ毎日レベル)のですが、この映画を見た後に初めて起こった現象がありまして。いつも怖い夢を見るんですが、おばけとか霊とか追っかけて来る人の顔はぼんやりしてるんですよ。特定の顔じゃないというか、よく見えないというか。

 

でもこの映画を観た後から、夢に出て来る女性の悪魔か魔女みたいな顔がすっごいはっきりして見えるようになったんですよね、皮膚のシワや黒ずみ具合とか、髪の毛の絡まり具合とか、すっごいはっきりして夢に登場するようになりました。もうこれは毎日寝る度にホラー映画観てる感じで、まぁそれはそれで楽しいのですが。厄介なことに夢の中で恐怖を感じると、現実世界でも目が覚めてしまい、続きが見れなくなりネバーエンディングストーリーなので、一日中モヤモヤしながら過ごすことになります。

 

ということで、見所を3つご紹介!

 

 

1、ドールハウスが怖い

お母さんはドールハウスを作ってるんですが、このドールハウスとドールがめちゃくちゃリアル。まるで生きてるんじゃないかと思うレベルです。そしてそのドールを作るお母さんの精神的な描写が素晴らしいです。

 

 

 

2、立て続けに起こる不幸

不幸のどん底というのはこういうこと。もうここまで不幸に追い詰められる苦しさがホラーの醍醐味。どんどん不幸に、どんどん苦しく、どんどん状況は悪化していく一方。家族のメンバーに起こる事象がきちんと描かれており、それぞれのメンバーの心境をベースにストーリーが展開していくストーリー展開は本当に素晴らしいです。

 

 

 

3、グロテスクのリアルさ

グロいです。Theホラーなグロさです。久々稀にみる滑稽じゃないグロさです。スプラッター系ではなく、かなりリアルなグロさがかなり恐怖です。注目は妹のグロさです。

 

 

 

余談

すごい素晴らしいホラー映画なのですが、最後の10分がどうしても、受け入れられないレベルでした。ここまで素晴らしいストーリービルドだったのに、なぜ最後の10分で全部をだめにしてしまうようなオチ!あかん、これはあかん!って感じでした。

 

 

でも2018年、現在でトップでオススメのホラー映画です!涼しくなりたい方はどうぞ。

トラウマ注意!