欧米ネタまとめ

日本人でよかったなって思う瞬間。桜の季節とお茶。


日本には年に1回帰るか帰らないかなのですが、そんな時に海外で日本の物と出会うと感動することが多々あります。

それは主に、日本からの出張者さんに日本からのお土産をもらうときなんですが。本当に気を使って素晴らしいお土産をもらうことがあります。

今回は、出張者2名の方から「桜カステラ」と「桜餅」「桜ティー」を頂きました。あぁもう桜の季節なんだなぁと、凍ったデンマークの湖の上をつるつる滑っている鴨の夫婦を見ながら、日本の春を思い出しましたよ。

ちなみに、うちの実家(京都北部)では「桜餅」は「桜餅」と呼んでいたのですが、都会に出たら「道明寺」とか「長命寺」とか呼ばれててショックだった20歳の頃を今でも思い出します。

そんな中、今回実は初めてだったのが「桜ティー」!

 

みてくださいよ!この春の訪れを!

 

 

もう香りだけで、目黒川の満開の桜の頃の人混みが脳内再生されるレベルの桜です

 

 

塩漬けされた桜の香りが本当にたまらないお茶です。しかもちゃんと湯飲みの中で花びらが満開になる様に塩漬けにされているそうです!春の喜びを感じさせてくれます。

Amazonでも楽天でも買えますね!海外のお茶好きの友達なんかにもお土産として喜ばれそうです!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ティーブティックスイートサクラティー桜花6P
価格:515円(税込、送料別) (2018/3/14時点)

 

そうだ!春を愛でよう!