欧米ネタまとめ

北欧スウェーデンで家/アパートを探すのは大変?役立つウェブサイトまとめ


今年の3月末にスウェーデンのマルメに引っ越すのですが、全然アパートが決まりません。とは言っても、インドのバンガロールでも3ヶ月近くも家探してましたし、コペンハーゲンでの家探しも3ヶ月も掛かり超大変だったので「ここは忍耐力が大切だ」と、毎日呪文のように唱えています。

今コペンハーゲンで借りている家は、家具が全部IKEAでショールームに住んでる感じです。

 

アパート探しは困難

家に理想を求め始めると、すぐ困難な壁にぶつかります。バスタブないかな〜、もうちょっとバスルームが広い方がいいな〜、キッチンがガスだったら〜、あぁ家賃があとちょっと安かったら〜・・・と言い始めると、もう自分で家建てないと無理だと思いますね。という訳で、今回は私が今、家探しに使っている賃貸物件探しウェブサービスをご紹介します!

 

Akelius

スウェーデンの賃貸会社。スウェーデンのパーソンナンバーがないと登録できません。申し込み順に内見ができるという訳ではなく、物件に「興味がある」ボタンを押すと、その家のオーナーが私の年収や背景を見て、内見に呼ぶかどうか?が審査され、審査に通ると内見できるというシステムです。内見に行ったらめっちゃ人がいて「あぁこの争奪戦はやばいな」と心の底から感じました。

 

 

IKANO

ここは、パーソンナンバーがなくても登録できます。なので引っ越すだいぶ前から物件を探すことができるのですが、やっぱりパーソンナンバーがあるのとないのではやはり内見GET率が違うそうです。ここも申し込み順ではなく、家主審査制です。物件によりますが、ちょっとAkeliusより全体的に高い感じがします。内見GET率UPのポイントは収入が、家賃の3倍以上、コメント欄に「なぜ賃貸したいか?」の理由が書けていると、家主は心を動かされたりするそうです。あとスウェーデンでのクレジットヒストリーが優秀。ということらしいのですが、私たちはスウェーデンに銀行を開いたばかりでクレジットヒストリーがないだけ少し不利になってるのかな?と思います。

 

 

 

Stadsbostader

ここも、パーソナルナンバーがなくても一応登録はできます。ここも申し込み順ではなく、家主審査制です。ここは内見に唯一呼ばれてないサービスなのですが、電話をかけても「ウェブサイトのMy pageでオファーを待って」としか言われないので、なんか待つだけの姿勢で悲しくなってくるので1週間に1回は電話かけてアップデートを聞いてます。毎回同じ返事なんですが。

 

 

blocket

デンマークでいうとDBA、アメリカでいうとクレイグズリストのようなサイトです。めちゃ見辛いですが、ここが一番今のところ内見の確率が高いサイトです。物件が出次第、爆速で家主に電話かメッセージを送ります。もうデイトレーダー並みにモニターをチェックをするレベルです。家主に送るメッセージに下記を丁寧に書き始めてから、返信が来る確率が増えました。
・自己紹介
・どんだけ必死に家が必要かアピール
・収入
・綺麗好きで家をリスペクトするアピール
・いつから入居したいか
・交渉可能です!な旨

 

 

Facebook、Twitter

FacebookやTwitterで、家を探している旨をつぶやいてスウェーデンの友達にリツイートやシェアをしてもらうこともかなりの確率で内見率GETがあります。その際も下記のようなメッセージを書くとシェアされやすいです。もしスウェーデン語ができる友達がいるなら、スウェーデン語に訳してポストすると良いとアドバイスをもらいました。一人暮らしの女子なんかはプライバシーもあると思うのでそこは気をつけてください。
・自己紹介
・どんだけ必死に家が必要かアピール
・綺麗好きで家をリスペクトするアピール
・いつから入居したいか

 

boilgsurf

ここはここは情報にアクセスするだけの為に、お金を払う必要があります。1件につき19DKK(344円2018年時点)ほどします。月額定額課金もあります。一度払ったのですが、同じ物件を上記のStadsbostaderで見つけたので、それ以来使っていません。このサイト、見た目が割と綺麗なのとSEOが強いので、地名_rentとGoogleで検索すると必ず上位に出てきますが、本当に費用対効果があるのかは謎です。もし使われて契約成立された方いたら教えてください。

 

airbnb

説明するまでもないですが、長期でアパートを貸し出しているケースがあります。長期の場合はディスカウントがあるので、実際の家賃のちょっと増した感じの金額で借りれます。とはいえ、長くて3、4ヶ月や夏のシーズンだったりするので、定住している感覚はありません。またairbnbだと何か事務的な登録で家の住所を使わせてもらえないことがあるので、一時的な対策としては最終手段として持っておくくらいの感覚がいいかもしれません。

 

 

会社が探してくれるなら

もし会社が家を探してくれるということなら、会社からリロケーションサービスに頼んでもらうと良いと思います。かなり割高です。

 

他にも

他にもサイトは色々ありますが、現状使っていてオススメできるところはここらへんです。もし他に良いサイトがあれば教えてください。

果たして見つかるのか?

今年3月くらいのブログで部屋が決まった報告ができれば嬉しいです。そして今後スウェーデンに引っ越して来る人の情報の一助となれば幸いです!

 

そうだ、家は妥協せずに探そう!

インドで家を借りてairbnbしてた当時の記事はこちら!