欧米ネタまとめ

人間の目と同じ解像度で見えるVarjoのヘッドセットを体験してみる。VR/AR/AR/XR


今、自分の中で北欧スタートアップの中で熱いのがVRセクションです!

今回Slushで注目の”人の目と同じ解像度で見えるVRの「Varjo(ヴァルヨ)」”見て来ました!*Varjoはフィンランド語で”影”という意味。”Jo”は”ヨ”と発音するので、日本語で発音すると「ヴァルヨ」となります。

 

ウィリアム王子もSlushでデモを体感。これデモ機なんですけど実際のデザインは写真で見るよりももっとスタイリッシュで洗練されています。

 

 

 

リリース発表時のビデオがかっこいいのでどうぞご覧下さい

 

 

 

 

体験してみた結果!

 

みや
言葉では説明できない・・・

 

なんていうんですかね、人の目って自動的に集中対象物ににフォーカスして、対象物の周りの物がフォーカス対象外になるじゃないですか?

 

でも多くのVRやARってフォーカス物が自分の目がフォーカスしているか否かに関わらず、全部クリアに見えたり、反対にわざと対象物以外ぼかされてて、自分がフォーカスしているのにも関わらず、ぼやけて見えたりするんですよね。

 

そうすると視界、視点が定まらず、乗り物酔いした気持ちになるんですが、そのフォーカスがVarjoのデバイスは少しだけ自然に見えるという感じです。

 

なぜかっていうと、ヘッドセットには目の動きを追跡するアイトラッキングが付いていて、マイクロディスプレイの映像が目に連動して動くからなんですね。

 

2018年末には発売予定とのことなので、かなり楽しみです。

 

公式ホームページ

Varjo関連ニュース(日本語)

 

 

ちなみに・・・・

 

ちなみに、ビデオの中に一瞬あるフィンランドアニメのエモいポエミティックなシーンの日本語デザインを担当させてもらっています。超拡大すれば見えます。映像は一瞬ですが、一瞬のために結構時間かけましたw

 

ちなみにちなみに、中央奥に『道しるべ』っていう赤い看板があるのですが、ここは実際に新宿にある超小さい焼鳥屋さんで、色々思い出のあるとこなんですw

 

 

VR、AR、MR技術や人体の解像度の英語の文章って読むのは簡単なんですけど、それを日本語に訳すのは本当に難しいんですよね。技術用語の対訳が日本語にはまだなかったりするので。かといってカタカナにすると読みにくくなるし。

 

ゲーム系の翻訳やコンソールのエンジン開発の翻訳などもすごい難しいんですけど、もうこれは現場こなして数こなしていこうと思いましたよ。

 

さて、今日も頑張って仕事しましょう!

 

以上、現場から、ちょっとまじめな話でした!