欧米ネタまとめ

4年越しの呪いを解きにヘルシンキ・フィンランドへ行ってきた


※今回かなり長文です。私がフィンランドのヘルシンキに移住したのは2011年の震災後

東京でまだ私が社畜だった頃、3.11の震災があり、

 

みや
もう東京にいなくてもいいかな?

 

とふと考えることが多くなりました。

 

当時は「政府が放射能の安全性を隠蔽してる」とか、「食べ物に影響が出てるから買いだめした方がいい」とか連日何が真実で何が虚言なのかわからないようなニュースにうんざりして日本から離れることを決めたのを今でも覚えています。

 

私が移住先をヘルシンキ・フィンランドに選んだ理由は、北欧への憧れがあったからとかではなく

 

みや
できるだけ静かで、誰も私のことを知ってる人がいないところで一からリセットして生活したい

 

って思ったからなんですね

 

東京での生活は楽しいし、なんでもあるけど、雲をつかむような生活で。雲をつかんだと思ったとたんに、それは消えて、また新しい雲(トレンド)を追いかけるような・・・

 

村上春樹的に言うと、東京は

 

みや
誰も抜かないし追い越せないメリーゴーランドのような

 

ファンタジーな見せかけの資本主義の華やかなメリーゴーランドに、回されてる感じ満載で

 

みや
とりあえずメリーゴーランド満喫したし、もう降りよう

 

って感じで、ヘルシンキに移りました

 

 

ヘルシンキには誰を頼る訳でもなく一人で移りすんだので、助けてくれる人がいる訳でもなく

 

孤独の中の自由を謳歌してました。

 

 

澄んだ空気に高い空。それはそれは美しい街でした(夏)

 

 

冬は冬で雪が降りクリスマスマーケットが出て可愛らしい雰囲気も満喫できました

 

 

近代アート、北欧アートもたくさんみれたし、楽しかったです。

 

 

でも、6ヶ月もそんな生活を一人で続けていると飽きるもので

 

みや
パーティーしたい!!

 

みや
パーっと豪華にイケメンと戯れたい!

 

みや
ミシュランレストランどこやー!?

 

みたいな、東京の華やかな生活が懐かしくなったり、心の中でまだ自分に残ってる東京ライフとヘルシンキライフのバランスが取れずに結構悶々とした沈鬱な時期もありました。(まぁそんな時はミラノに行ったり、モナコに行ったりしてたんですが)

 

 

「孤独の中の自由」とか言ってたくせに1年も経つと人恋しくなってきたりと、そんな時に寂しいだけで付き合う人なんかと長くうまくいくはずもなく、

 

みや
あぁフィンランドは定年退職してからまたくればいいや

 

みたいな気分になり、2013年に東京に戻りました。なので、ぶっちゃけフィンランドで

 

みや
あー楽しかったー!!

 

みたいな思い出がなくて、どちらかというと気持ちが暗くなる思い出が多くて

 

でも、そうネガティブになってしまう自分にも自己嫌悪感が生まれて。

 

 

 

で、2016年にインドに住んでた頃に

 

インドな彼
デンマークに引っ越そう

 

 

と言われた時、正直

 

 

みや
え、正直北欧に戻りたくない

 

 

って思ったんですけど、コペンハーゲンに住んで1年も経つと

 

 

みや
え、なんか街可愛いし、そんなに寒くないしいいかも!

 

 

って思えてきて。少しずつ自分の中にあった北欧感が変わってきたんですよね

 

 

 

 

そんな風に考えていた矢先、フィンランドの友人から

 

 

フィン友
プロモーションで手伝って欲しいことがあるんだ

 

 

みや
いいよー

 

 

ということで、プロモーションの仕事の手伝いをしたお返しとして、Slush(スタートアップ・イノベーションイベント)に招待してもらいました。Slush Tokyoは行ったことがあったのですが、Slush Helsinkiは初めてで、なんか規模が違いましたね。

 

 

久しぶりにエネルギーを感じましたよ。しかも洗練されたやつ

 

 

 

今回はVR・AR・MRを中心に周りましたよ

 

 

会場にサウナも設置されていて、超楽しそうに、みんな入ってました。こういうのフィンランドっぽい。ちなみに、日本だと呑みにケーションが有効だとしたら、フィンランドではサウナ入りケーションがビジネスでも有効らしいです。

 

 

 

 

打ち上げは、もう学生時代でもこんなに飲まなかったよ!レベルでウォッカショットとウォッカ入りエネルギードリンクをフィンランドペースで飲み、踊り、ゲロゲロしながら帰りました。自分の肝臓が弱ってる感が半端なかったです。

 

 

 

翌日、会場で元彼に遭遇して、

 

みや
あの時は私も大人じゃなかったけど、今は結婚して幸せに暮らしてるよ

 

と幸せを報告してきました。そしたら

 

 

EX
幸せなのが一番だよね

 

 

ってあれから二人ともだいぶ大人になってました。しみじみ

 

 

 

それから、フィンランド時代の知人に会ったりして懐かしんでたり、仕事で繋がったりと点と点が繋がったと思った瞬間に

 

みや
私のフィンランド時代も悪くなかったかな・・

 

 

ってそうふとなんとなくそう思った時に、脳味噌にビビッと「フィンランド嫌いの呪縛」から解放されたかも的な電気が走りました

 

 

そう、フィンランドの厳しい冬の突き抜けるような高い空のような感覚でね!(BGM:フィンラディア)

 

 

 

ということで「フィンランドの呪い」からは抜け出せたと思います。

 

コペンハーゲンに帰国して、すぐに旦那に報告を

 

みや
元彼と会ってね!なんかお互い大人になってて和解してきた

 

インドな彼
そうなんだーよかったねー

 

と私の過去も含めて理解してくれる人がいて、本当に最高だなと思いました。

 

 

みや
よっしゃーなんか北欧好きになってきたぞー!

 

インドより好きになることはないと思うけど、「苦手だと思っていることがなくなる」ってとっても人生生きやすくなるんだなぁとしみじみ実感したのでございます

 

長文におつきあい頂きありがとうございます。

 

そうだ!たまには北欧に行こう!

 

そして、コペンハーゲンに来ることがあればご連絡ください。お茶でもしましょう。