ベジタリアン&インド料理レシピ

東京、中野のベジタリアン・ビーガンカフェ「ゴピナータ」に行って来たよ!


東京、中野のベジタリアン・ビーガンカフェ「ゴピナータ」に行って来ました。

中野の駅から10分ほど歩いた静かな住宅地にある小さなお店です。入り口のドアに「ゴピナータ」と小さく買いてあるのと、「g」のマークのフライパンが目印としてかけられていますが、結構注意して歩かないと見過ごしてしまうくらいナチュラルなお店です。

 

私が行った日は日曜日で12時開店だったのですが、1時にはほとんどの席が埋まってました。結構客席が少ないので大勢で行くと座れないかもしれません。内装は結構インドっぽい感じもありーの、洋風な感じもありーのって感じでした。カウンターに座ると作っている姿が見えます。店主が1人なので忙しいのかほとんど店主とのコミュニケーションはありません。

今回は今日の日替わりセットを選びました。パコーラ丼が気になりすぎたのですが、今回は色々食べたかったので、日替わりセット(ヴィーガン)に。ランチもディナーもほとんど同じ値段ってある意味すごい!

 

今回は
・揚げベジボール
・野菜の洋風煮
・イモときゅうりのマスタード和
・大根のクミンと生姜炒め
・蓮根と白菜の味噌汁
・おからサラダ
・ごはん

でした。どれも素朴な味付けでした。揚げベジボールがすごく柔らかかったのは豆がすごく柔かいのか、それとも水分が多かったのか、はたまた日本人が柔らかいコロッケが好きだからこんなに柔らかくなってるのかは謎でしたが、日頃ファラフェルを食べ慣れてる私にとってはもうちょっと食感があってもいいなぁとは思いました。

ご飯はもちもちしてて美味しかったです。ちなみに、食べログなどのレビューでご飯が選べると書いている人もいますが、選べませんでした。たまたまこの日がなかっただけかもです。

ちなみに店主は一人で切り盛りされているだけに、注文してから食べるまでに30分ほど待ちました。常連っぽい女性は小説を読みながら、カウンターでのんびりまったりされてました。おそらく待ってる時間も含めてのまったりと待つのが自然派でリラックスできる要因の一つなのかもしれません。この時間の感覚がわかってたらもっと待ち時間を楽しめたかもです。ちなみにレストランには書籍なども置いてあります。

 

これだけのボリュームで1000円だったらまずまずだと思います!立地がまずまずなので、オススメ度はちょいおすすめ!くらいですね。

中野ブロードウェイなんかのついでに寄ってみるといいですね!

そうだ!東京でベジライフしよう!