インドネタまとめ

伝説のソーシャルメディア「Orkut(オルカット)」がサービス終了してた!


インドで一大ブームを巻き起こしていたGoogleのソーシャルメディア「Orkut」

2006年頃のインドにいた時はこれでネットワーキングをしていたんですが、最近になって私のアカウントどうなったんだろう?と思って調べたら

 

みや
2014年にサービス終了してた!

 

と言うか、よく2014まで続いていたな・・・と。

 

私はOrkut→Myspace→Facebookと移行して来たわけで、全くアカウントを振り返りもしなかったんですが、終了してたんですね。一応1億ユーザーは地球上でいたそうですが、ちなみにWikiによると

 

ブラジルインドで人気の高いSNSで、2010年6月の時点では利用者のほとんどをブラジル人ユーザーとインド人ユーザーが占めており、総ユーザー数は全世界で1億人を超えていた。

 

みや
ブラジル人とインド人!この組み合わせ胸がざわざわする!

 

ちなみにここ3年くらいはロシア方面で人気のあるソーシャルメディアVKを試してみるも、いかついお兄ちゃん達からロシア語っぽいメッセージが超くるのでメッセージは続かず、ただひたすらに可愛い金髪美女をフォローしまくるアカウントになってしまったのです。もう闇でしかないですね。

 

最近はブログのためにTwitterを始めたもののよくわからずアシスタントさんに聞いたり。FacebookとInstagramはやっているものの、仕事で使いまくってるだけあって、プライベートでは使用しなくなったりと、自分のソーシャルメディア離れが進んでいます。

 

最近では日本→欧米へのプロモーションだけではなく、欧米→アジア向けのプロモーションの仕事も取っていこうと、中国のソーシャルメディア見てたら、各ソーシャルのユーザー数、アクティブユーザー数が桁外れで、安直に中国語勉強しようと思ったあたりが、自分浅はかだなぁと。

 

「Orkut」が終了し、私のアカウントが消えてしまったように、現在全盛期のソーシャルメディアにも栄枯盛衰はあります。ネット上からくる数字のつながりも大切ですが、生身の人間づきあいももっと大切にしないとなぁ・・・と「Orkut」の終了から考える。そんな日なのです。