インドネタまとめ, 欧米ネタまとめ

風呂好きさん必見!世紀の発明を考案してしまった!(かもしれない)


海外に住んでいて、恋しくなるものはなんでしょうか?和食?もそうですが、私が一番恋しいのは温泉です!控えめに言うと、風呂です。

あぁ肩まで暖かいお風呂に浸かりたい。

「海外のシャワー生活疲れた」なんて思っている人も多いのではないでしょうか?

とはいえ、賃貸のマンションにいきなり浴槽施工できないし、ジムのサウナやジャグジーじゃなくていつでも入れるマイ風呂が欲しい!と言うあなたに朗報です!

タタタタッタターン!

 

ポータブルバスタブー(大人用)!

 

ヨーロッパの友達に、バスタブが欲しいと相談したところ「え?じゃあポータブルバスタブ買えば?」と。「風呂は家についているもの」という日本人としての固定概念がイノベーションの邪魔をしていましたね。

 

ちょっと調べてみたところ、結構ありました。写真をクリックすると大体Alibabaに飛びます。

ビニールタイプ

え?ドラム風呂?

これ、絶対合成だよね?

え、なんでお風呂でラップトップいじる必要あるの?しかも服着てるし・・・

 

ねえ、なんで学ランでお風呂でPCいじる必要あんの?

こういう、空気で膨らませるやつって浮き輪と同じでひと夏で穴が空いて夏の思い出と共に廃棄物となってしまいそうです。

 

プラスチック

では次にご紹介するのは強度の高めのプラスチック。これは折りたためないので場所はとりますが、水を入れない場合は軽いので持ち運べそうですね。

首ホルダー付きのものもあります。これぐらい深さがあれば十分かも!

とはいえ、場所を取りすぎる!

布タイプ

そんな人には、布タイプ!大阪のおばちゃんがよくもってるキャリーカーみたいなデザインですが、軽いし折りたためるし、なかなかいいのではないでしょうか?

ちなみにデザイナーの手にかかるとこんなおしゃれなことになります!これだったら十分家においてもいいかも!

子供用として販売されていますが、サイズが100×80センチなので大人でも入れますね。

こちらはおしゃれなラバータイプ。残念ながら販売されているかは不明です。

そうですよ、世は21世紀!家や場所に縛られていてはイノベーションは起きません。

そこで今回私が開発したのが、タタタタタターン!

 

ウェアラブルバスタブー!

 

そう、どこでもいつでもお風呂に入れるウェアラブルなバスタブ!

アップルウォッチみたいなウェアラブルデバイスの中に、1000%スーパー凝縮された水の粒子が入っており、ボタンを押すと、その水の粒子が体を包み込み、発熱しいつでも風呂に入っているのと同様の効果が味わえる!温度調節可!寝転んでてもいいし、立ってても、電車の中でも可能!

イメージ的には見えない宇宙服の中にいっぱいお湯が入ってる感じ。タプタプ。砂漠でも、キャンプでもそう宇宙でも活躍する、そんなウェアラブルバスタブ。

 

誰か発明してください!

誰かー!!!