欧米ネタまとめ

自分にとって幸せな環境とは?


古い民族ジョークにこんなのがあります。

天国(幸福・理想)は
アメリカの給料を貰い
中国人のコックを雇い
イギリスの家に住み
日本人の妻を持つこと。

地獄(不幸)は
中国の給料を貰い
イギリス人のコックを雇い
日本の家に住み
アメリカ人の妻を持つこと。

 

どこかで聞いたこともある人もいるかと思います。調べてみるとアメリカの古いジョークらしいです。私の親も知っているレベルなので、おそらく半世紀ほどは語り継がれているジョークなのだとは思います。

 

このジョークはかなりアメリカの男性視点でまだ世界がグローバル化していなかったものなので、現代風なジョークになるとだいぶ変わってくるかもしれません。

 

私の場合

天国(幸福・理想)は
ルクセンブルク(税込)の給料を貰い
インドのコックを雇い
マルタ島の家に住み
愛してくれる旦那を持つこと
日本製のトイレは必須

地獄(不幸)は
日本の給料を貰い
ブラジルのコックを雇い
東京の家に住み
金だけしか興味がない旦那を持つこと

 

ですかね。ぶっちゃけ、コックは中国かインドで迷いました。でも最終的にはインドの勝利!ブラジル人のコックは悪いかどうかわかりませんが、友達に「ブラジル肉料理しかないよ」って言われたので、ベジタリアンには厳しいという意味で国を選んでいます。(それもステレオタイプですね)

 

意外と自分にとって下記に当てはまるものを考えてみると、自分が今望んでいる環境がわかるかもしれません。

天国(幸福・理想)は
〇〇の給料を貰い
〇〇のコックを雇い
〇〇島の家に住み
〇〇な旦那を持つこと

地獄(不幸)は
〇〇の給料を貰い
〇〇のコックを雇い
〇〇の家に住み
〇〇な旦那を持つこと

 

もちろんグローバル化に伴い国境がなくなってきた世界!なのであと100年もすればこういうジョークも、火星に住み、金星のコックを雇い・・みたいな銀河の話になってるかもしれませんw

 

そうだ!理想を掲げよう!