欧米ネタまとめ

デンマークは「世界一幸福な国」か?住んでみて感じること


現在デンマークにて仕事しています。旦那はインド人です。

デンマークと言えば「世界一幸福な国」とメディア上で呼ばれることが多いです。デンマーク大使館も自分で「世界一幸福な国」と言っています。

ブランディングの一環だと思いますが、自分で自分を「世界一幸福」といういうのは、どうも

 

私って世界で一番美人でしょ?

 

って言ってるように聞こえます
でも、多分「本当に美人な人」はそういうこと言わないと思うんですよねw

 

あ、話がずれましたね。デンマークは幸福な国か?という話です。

 

幸福という定義は人それぞれ違いますが、国連やOECDが出している国別の客観的な調査データでは常に上位に君臨しているのを見ると、非常に健康的な社会システムが構築されているのがわかります。下記のデンマークメディア「EPOCH MAKERS」にデータがまとめられています。

 

 

デンマークに住む以前に2011年-2012年フィンランドのヘルシンキで勉強していたので、北欧は2カ国目となります。
もし誰かが私に

デンマークに住んでて幸せなの?税金高いけど良いの?

 

と聞かれたら、「正解するカド」的に言うと

 

みや
ランキングや国自体に善悪はない、良いか悪いかは別の基準があって初めて決まる。我々の基準で言えば簡単だ、人類の存続と幸福に寄与するもの、それが良いものだ。

 

って感じですね。

 

デンマークは永続可能性(サスティナビリティ)の名の下にオーガニックや風力発電などをガシガシ進めていますし、男女平等やワークライフバランスなど、個人が何かしら社会からの抑圧や差別を受けることなく幸せを感じやすい環境を社会全体のシステムとして構築しようとしているのは体感できます。日常生活において全くストレスがありません。

 

なので、デンマークの社会システムが人類の存続と幸福に寄与するものであるなら「良い」ものになりますね。

 

では日本人の私がデンマークの「良いところ」と「良くないところ」を書いてみたいと思います。

 

良いところ

1、病院行き放題!

●かかりつけの病院は予約制なので、時間に行けばみてもらえる!
●病院でお金払わなくていい!
●処方箋なんかは全てペーパーレス!CPRナンバーで病院も薬局も一括管理

みや
時間ない・お金ない・紙ないを解決できてる。

物理的な不便さが全て解決されています

 

2、人に余裕がある

デンマークの人たちは生活保障があるので、だいぶリラックスした人たちが多い気がします。会社の休暇も多いですし、失業しても失業保険があるので、すごく焦ってお金の為に転職活動したりする人たちは私の周りには少ないです。やはり生活基盤が安定していて、自己実現に向けてじっくり取り組める環境がある。というところは人の性格に及ぼす影響は大きいかもしれません。

 

3、健康志向

スーパーでもオーガニック商品が多いのはかなりありがたいです。またコペンハーゲンではジョギングやジムなども盛んで引き締まった体の人も多く見かけます。ヨガスタジオも最近増えていて、結構健康志向が高い人たちが多いのは、私にとってもかなり美意識のベンチマークになるので、良い環境です。ちなみに、フィンランドやインドでは私の服のサイズはXSだったのですが、デンマークだとMなんです!どんだけ細い人が多いんだこの国は・・

 

みや
太ってなどいない!!

良くないところ

 

1、最近の政府が移民に厳しい

非EU国民に対しての制度がかなり厳しくなってきています。日本人も非EU国民に当たるわけなんですが、私たちがデンマークで住み続けるためにはワークパーミッションが必要になります。このワークパーミッションをもらうためには、最低年収条件の408,800DKK(約6,796,301円:2017年6月時点)をクリアする必要があり、その金額が年々上がっています。日本人からすれば問題ない金額かもしれませんが、多くの発展途上国から移民として来た人たちがこの最低年収条件をクリアするにはあまりにも高すぎる気がします。(デンマークの最低年収や平均年収の情報はこちらをご参照ください)

 

2、デンマーク語がむずい

デンマーク語が結構難しいです。スウェーデン語やノルウェー語を事前に勉強している人でない限り、かなり難しい言語になってくると思います。しかもデンマークは世界でもっとも英語を話す国の一つであるのにも関わらず、デンマークの市民権を得るためにデンマーク語の試験が必須になってきます。楽しんで言語が話せるように努力はしていますが、週に2回、仕事をしながら夜に2時間半の言語コースに通い続けるのはかなりのモチベーションが必要です。現在で4ヶ月目ですが、すでに挫折しそうです。

 

3、人と人の間に距離がある

今のオフィスでも5時に仕事が終わるとサーっとみんな帰宅してしまいます。家族や家でのアクティビティが多いので、あまりウェットな人間関係がありません。私は結構ドライな感じが好きです。でも逆に言うとすごく仲の良い友達ができにくいです。北欧の人が良く良く言うのは「友達はできにくいけど、本当に友達になったら一生の友達だ」と耳にするので、のんびり友達を探して見ようと思います。むしろ毎回仲良くなるのはアジアンか、イタリアン、スペイン系が多いので、デンマークの人たちとももっと近づけたらいいなぁと感じてます。

 

まとめ

デンマーク、コペンハーゲンは良いところです。それは間違いないと思います。健康で、裏表がなく綺麗な都市です。ただ、少し人との繋がりが希薄になりやすい部分は少し日本と似たところがあるように感じます。

日本人にデンマーク移住を勧められるか?と聞かれたら、駐在だったら絶対にお勧めです。留学もお勧めです。スタートアップだとある程度スケールするアイディアが必要かもしれません。アーティストやデザイナーの人とかもいいかもしれませんね。

ということで、私的には生活満足度の高い国」にデンマークを認定します!(上から)

 

インドもいいけど、たまには他の国も見てみよう!