映画&ゲームレビュー, 欧米ネタまとめ

ゲーム業界の人は必見!ノルディックゲームアワード2017まとめ!2017 Nordic Game Awards winners


5月中旬に参加したNordicGameの2017アワードをご紹介!

北欧のゲーム事情を垣間見れるイベントでした!さて、各賞見ていきましょう。

2017ベストオーディオ賞

タイトル:INSIDE
ゲームスタジオ:Playdead
国:デンマーク

コメント:Limboに続きダーク系ですが、グラフィックや音楽全てが半端ないクオリティです。Playdeadはコペンハーゲンのゲームスタジオの中でもゲームデザインにおいては一目置かれているゲームスタジオの一つ。スタジオのメンバーの一人一人のスキルが相当高く、優秀な人材を集める為に6ヶ月間の試用期間を設けて実力を見るなど採用にはだいぶ厳しめな会社ですが、ゲームの完成度は本当に素晴らしいです。

 

2017ベストファンフォーエブリワン賞

タイトル:Clapper
ゲームスタジオ:Bridgeside Interactive
国:スウェーデン

コメント:「誰にでも楽しめるで賞」みたいな感じですね。子供の頃に手遊びした「アルプス一万尺」のおサルさんバージョンのようなゲームです。子供から大人まで楽しめるゲームです。発想がいいし、ビジュアルもかわいいです。

 

2017ベストデビュー賞

タイトル:GoNNER
スタジオ:Art in Heart
国:スウェーデン

コメント:アートスタイルが独特です。きもかわいいアートとは打って変わって結構プレイ自体は難しく、操作性に慣れるのに時間がかかりますが、その分やり込める系のゲームです。

 

2017ベストテクノロジー賞

タイトル:Hitman
スタジオ:IO Interactive
国:デンマーク

コメント:この賞を獲得する1週間ほど前の5月11日にスクウェア・エニックスがIO Interactiveから事業撤退するというニュースを発表。スクエア・エニックスは無形資産の減損損失等として48億9,800万円を特別損失したと発表しました。その結果としてIO Interctiveは人員を大幅に削減し次の投資家をさがすとのこと。75%以上の人員削減を行ったなどの噂も飛び交い、コペンハーゲンのゲーム業界に激震が走っていますが、ゲームスタジオとしては優秀な人員が取れるチャンスでもあると、ゲーム雇用マッチングイベントなどが早々に開催されています。『Hitman』というIPを保有しているだけありまだ投資家としては投資する余地はあるのかもしれませんが、スクエア・エニックスが出した損失の数字はかなり次に余波を残しそうではあります。


 

2017ベストゲームデザイン賞

タイトル:INSIDE
ゲームスタジオ:Playdead
国:デンマーク

2017ベストアート賞

タイトル:INSIDE
ゲームスタジオ:Playdead
国:デンマーク

2017ベストスモールスクリーン賞

タイトル:twofoldinc
ゲームスタジオ:grapefrukt
国:スウェーデン
コメント:「スモールスクリーン賞」っていう賞自体が素晴らしいですよね。他のゲームが結構PCやコンソール向けだったのに対して、この賞は小さな画面でも楽しめる数字パズル系ゲームでした。結構頭を使うゲームなので、スウドクや単純なパズルゲームに飽きた人はこのゲームおすすめです。ちなみにファウンダーが結構面白くてなんでも目の前にあるものを楽器として演奏できるスペシャルスキルを持ってます。

ちなみに、発表時のスクリーンはこんな感じで8ビット感あってノスタルジー感じました。

2017ベストゲームオブザイヤー賞

タイトル:INSIDE
ゲームスタジオ:Playdead
国:デンマーク

 

2017まとめ

ということで、2017年はPlaydeadINSIDEが賞を総舐めな感じの結果になりました。とはいえ北欧に止まらずINSIDEは世界のユーザーレビューやメディアからも満点の評価を得ているので是非みなさんにもプレイしていただきたいゲームです。

この前Playdeadのスタジオにお邪魔させてもらったら、想像通りかなり落ち着いた空間でしたが、デベロッパーのみなさんはみんないい人でした。

他にもアワードノミネート情報が知りたい方はNordicgameのオフィシャルブログ(英語)をご覧ください。

 

*画像はオフィシャルブログから引用
*コメントは私の意見になります。オフィシャルのものではありません。