インドネタまとめ

私がインドに来たきっかけ:新宿からインドへ


私が大学4回生の時に学生インターンでインドに来たのが2006年。話はそこまでさかのぼります

 

大学3回生の夏、私は就職活動を始めました。

第一希望はTVメディア企業の報道部。

 

関西にいた私は、関西のTVメディア企業は全て受けたし、東京のTVメディアも全て受けていて、大阪から東京まで深夜バスで何度も通いました。

 

結構最終試験まですんなり通り、調子に乗った私は、他の業界が全く見てなく第一希望だけで生きてました。

 

そして、就活の結果、

 

全落ち!

 

 

そんな私を、励ますかのように新宿二丁目のゲイバー「いれーぬ」に連れて行ったくれた出版社のおじさん(今はどうしてるんだろう?)

 

その「いれーぬ」のおネエ(おじさん)さんが、

 

いれーぬ
あんたね〜、就活に失敗したくらいでくよくよするんじゃないわよ

 

みや
いや、くよくよしますよ。大阪から東京まで何往復したと思ってるんですかぁ

 

いれーぬ
もうねぇ〜あなたみたいな子を取らない企業が逆にダメなのよ、

 

みや
本当そうですよぉ〜

 

いれーぬ
日本なんかもう終わっちゃってるんだから、イマドキは海外よ、海外!!

 

みや
え、海外いいんですか?

 

 

いれーぬ
そおよぉ〜最近二丁目も外人さん増えて来て、かわいいのなんのって❤️

 

みや
いや、私そっち系じゃないんでw

 

いれーぬ
じょうだんよぉ❤️

 

みや
本気だろ!

 

 

いれーぬ
そうねぇ、私が若い子にアドバイスするなら、香港かインドね!

 

みや
どっちも行ったことないですね

 

いれーぬ
どちらともこれから経済的に伸びるし、活気がある国だからオススメよぉ!
みや
ほぉ〜

 

いれーぬ
まぁ伸びるのと活気があるのは経済だけじゃないんだけどねぇー、おほほほほほ!

 

みや
結局下ネタかよ!!

 

という流れで、本気で香港とインドのことを調べるようになりました。

 

あきらかに振り返るとこのおネエさんの発言が私の分岐点だったのは間違いないです。

 

それから、インドの日本人求人情報をネットで片っ端から検索しまくってメール送りまくってインターン先を決めたのが、私のインドとの始まりです。

 

そしてその数ヶ月後には、インドに1回も行ったことないのに、学生ビザを取ってインドに飛んでいました。
その頃の私↓ 20歳だよ!ムチムチしてるよ!

この時はケララのIT企業と日本人向けの旅行会社さんにお世話になり、叱咤激励されながらたくさんのことをケララの大自然の中で学びました。

 

私はむしろ一番最初のインドでの仕事の経験がケララで良かったと今振り返っても思います。

 

ケララの人は本当に優しいし、ご飯も美味しいし、気候もいいし(暑いけど)緑がたくさんあって本当にいいところでした。だから今でも私はインドが好きなんだと思います。

 

それからインターンが終わり、2008年に日本に帰国し、普通に東京の企業に就職することになります。

 

(この時はまだ10年後にインド人と結婚するとは予想だにしなかったですが!!!)

 

 

なので、インドにくる最初のきっかけは

 

新宿のゲイバー

 

だったという話です。

 

きっかけはみんなそれぞれですね。

 

今度、東京に戻ったら、新宿2丁目の「いれーぬ」に行ってインド人と結婚したことを報告しようと思います。

 

 

まとめ

 

私の経験上、インドに行くより

 

新宿二丁目に行った方が人生観変わる!