「ワークライフバランス」を考える


みなさん、忙しいですかー?おー!最近よく耳にするようになった、ワーク・ライフ・バランスですが、定義はこんな感じです。

ワークライフバランス(英: worklife balance)とは、「仕事と生活の調和」と訳され、「国民一人ひとりがやりがいや充実感を持ちながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる」ことを指す。wiki

 

昨日、パートナーと友達の引越しさよならディナーに行ってたんですよ。そしたらたまたま急ぎのメールを見てしまって、ちょっと友達の家でこっそり返信メールを作ってたんです。そしたら

インドな彼
友達の家にまできて仕事する必要あるの?

 

みや
いや、パーティーを楽しむために仕事を終わらしてるの

 

インドな彼
え?じゃあパーティ終わってからやりなよ

 

みや
いや、それだとパーティ楽しめないじゃん、あぁメール返さなきゃって考えちゃってパーティが始終楽しめないじゃん

 

インドな彼
じゃあ、今メール返してまたメールきたらどうするの?

 

みや
いやいや、でも今このメール返せば、精神的に自由になるから

 

インドな彼
明日返すのと、なんか結果変わってくるの?

 

みや
それはA/Bテストしてみないとわからん

 

いや、わかっちゃいるんですよ、もっと人生にON、OFFが必要なのは。でもやっぱり条件反射的に仕事モードになってしまうんですよね。パブロフの犬的な感じですね。

 

ワークライフバランスって物理的に仕事から離れることもそうなのですが、精神的に一切仕事のことは考えない時間が必要なんですよね。なので、図にして理想と現実を整理してみました。

というか、この図を書いていて思ったのが、基本仕事がメインな時点でやっぱライフワークバランスじゃないのかもと!むしろ究極のワークライフバランスってこうなのかもw

 

 


とりあえず、休みの日は休めるように仕事を溜めないように、スケジューリングをきちんとしてタスクを消化していくのが大事ですね。

 

さぁワークライフバランスなメンタリティを整えていきましょう!