インドネタまとめ

インド発のスマホゲームってどんな感じ?/Game studio in India


先日とあるゲーム会社からインド市場に関してのヒアリングがありました。

なので簡単にまとめを。まず、スマホゲームをするであろうインドの人口とモバイルユーザーの数字は下記の図のような感じになります。

61%が無料ゲームなのですが、課金すると言っても、カジノやギャンブル系のゲーム内課金に限ります。RPGやカジュアルゲーム内での課金をさせるのは結構ハードルが高いです。

じゃあどんなスマホゲームをプレイしてるの?という話ですが、2014年の数字が出ているだけでも、キャンディクラッシュ(パズル)や、サブウェイサーファー(アーケード)、トーキングトム(動物と対話する)などのカジュアルなゲームが多いのが見て取れます。これは2016年2017年でも変化ないでしょうね。クラッシュオブクランが、クラッシュロワイヤルに変わってるくらいでしょうか?

じゃあ、スマホゲームはわかったけど、スマホじゃないゲームはどうなの?というと、コンソールの歴代出荷台数2015年はこんな感じです。歴代プレステ全般で200万台、プレステ4は2015年で6.5万台となってます。プレステ4は世界出荷数が好調ということですが、爆発的にインドで売れているという訳ではありません。インドでプレステを買うとなると、ミドルアッパークラスユーザーで結構なゲーム好きユーザーでないと、ゲームへの投資ができないという金銭的な問題がありますね。まだ現状は出荷数は少ないですが、今後は緩やかに売り上げを伸ばしていくと思います。

 

加えて、PCゲームも人気です。2014年版が下記ですが、最近では、LOLやDOTA2、が上位に入ってきています。

 

上記のゲームのタイプで伸びているといえば、やはりスマホですね。インド市場を狙うなら、スマホだと思います。コンソールやPCのタイトルならもっと簡単で、米国でヒットさせればインドでもある程度ヒットしますが、市場はまだニッチです。

 


さてさてじゃあインドのゲームスタジオってどうなの?という話ですが、ポコポコとは出てきていますが、まだここが超成功している!というのはないです。ポケットゲーマーコネクトというイベントをリアイアンスゲームがスポンサーとして毎年開催していまして、昨年参加しましたが他の都市に比べるとまだ少し小さいという印象ですが、海外から結構な数のスピーカーを集めていて、インドのゲーム市場を盛り上げようとしている感じもあります。

 

ここで私の今後の注目のインドのゲームスタジオを2つご紹介!

1, SUPERSIKE

デリーベースの少数精鋭のスマホゲームスタジオ。ヨーロッパへはパブリッシャーを使い、アジアは自分たちでパブリッシュしています。マーケットは全世界で2015年にはクリケットのゲームでApple Store 2015のゲームの一つに選ばれています。

 

2,Pixel Ape Studio

アメリカのHPでエンジニアをしてたんだけど、インドに帰ってきて一人でゲームを作り出した南インドベースのゲームスタジオ。とても温厚なエンジニアで、ミニマルなデザインをこよなく愛するインド風イケメンエンジニア。

80カ国以上に配信しており、iOSでAppStore2016 Best gameの一つに選ばれており将来楽しみなスタジオです。

上記のスタジオはとても優秀で且つ開発者がとてもグローバル志向で意気投合し、私も日本向けにローカライズを手伝ってます。日本でも入手できるので、ぜひ遊んでみてくださいね!

 

*全ての数値は独自調査に基づいています。インドのゲーム市場・開発を取り巻く現状をもっと知りたい方についてはこちらのエントリーをご参照ください。もっと詳しく掘り下げたい方は、ブログのコンタクトからお問い合わせください。

 

さぁ世界を相手にゲームをしよう!

 

ーーーーーーーーー

あわせて読みたい?

ダーリンはゲームデザイナー
ポケットゲーマーコネクトバンガロール