インドネタまとめ

インド旅行への持ち物ベスト10!/What should I take to Indian trip?


「インドにバックパッカー旅が決まった!」「インドの友人の結婚式に出席する」などの理由で最近インドを訪れる人も増えているのではないでしょうか?短期でインド旅行する人のために、私が選ぶインドで快適に旅するために持ってくるといいグッズ10をご紹介します!よく他の記事で、日本から梅干しやカップラーメンを持っていくといいよ!という記事がありますが、1週間くらいのインド旅行ならむしろ日本のものを持参せずに頑張って1週間だけインドの物だけで過ごしてみてください。そうすると日本に帰国して初めて食べる和食が、1年間会えなかった恋人に飛行場で会えたレベルの感動で味わえます。
fly_0i9a2937_tp_v

10位、下痢止め、痛み止め

n811_toridashitajyouzai_tp_v

何故か腹痛になるのは大体薬局が閉店したあと、そんな時に日本の薬は気休めになります。しかし気休めにしかならないので、インドで病気になったら速攻地元の薬局でこう言って薬をもらってください。ひどい場合は病院に行ってください。

観光客
ペインキラー、プリーズ
(痛止薬ください)

観光客
ダイアリア、ストップ、プリーズ
(下痢止薬ください)

 

 

9位、長袖のパーカー(フード付き)


screen-shot-2016-10-26-at-7-55-49-pm

1つあると便利なのが、長袖のパーカー、前にジッパーが付いていて簡単に着たり脱いだりできるものがいいです。暑い日差しも避けられますし、クーラーで寒い室内でも活躍します。またホテルにゴキブリが出てしまった場合もフードをすっぽりかぶって寝てしまえば見えません!ちなみに、英語ではフーディーといいます。

 

 

8位、使い捨てパックマスク

 

02feb218dbe241206d538b7ffba37458_0

インドはエリアにより乾燥しています。日本の薬局で化粧水フェイスマスク10枚入りで500円のものとかがあります。すでにパックには美容液が染み込んでいるので、液体扱いにはなりません。化粧水を入れたボトルの蓋が開いて液体物がカバンの中でもれてしまう!なんて全く心配しなくても大丈夫です!毎日使い捨てればいいので、荷物にもなりません。

 

 

7位、ふくだけメイク落とし

 

bio_clensing_cotton_02_img_l

これは便利!インドで日焼け止めやメイクをしっかりした時はこれで落としてから、普通に洗うと時短できます。でも本来の力はインドのローカル食堂で手が汚れた時や、牛のウ◯コを道端で踏んでしまった時、空港で荷物が汚れて出てきた時などはこれで拭くと油系の汚れが全部取れます。しかし殺菌作用はないので、殺菌を強くお望みなら殺菌作用入りウェットティッシュをお勧めします。

 

 

6位、小分けの布袋

 

%e3%80%90%e5%8e%82%e9%94%80%e3%80%91%e6%a3%89%e5%b8%83%e8%a2%8b%ef%bc%8c%e6%a3%89%e5%b8%83%e6%9d%9f%e5%8f%a3%e8%a2%8b%ef%bc%8c%e5%b0%8f%e8%a2%8b%e5%8d%b0%e5%88%b7

下着は下着、服は服で布袋に入れてバックに詰めると楽です。バックに何が入っているか名前を書いておくといいかもしれません。これはインドから日本に帰国時に高い確率で検閲でカバンを開けてくださいと言われるのですが、そんな時に恥ずかしい思いをしなくてすみます。ビニール袋ではなく布なのは、中に入っているものの発酵を遅らせてくれるからです。(ちなみに液体物はしっかりビニールに包んでください)

 

 

5位、丈夫な細い紐3m

khcom063-01

細くて頑丈なヒモ、3メートルもあればいいかと思います。これはホテルで洗濯物を干す時にも役立ちますし、電車に乗っている時に目の前に怪しい人がいる時にも、荷物と自分の体をヒモで結んでおけば気兼ねなく眠れます。有名な観光地で靴を脱ぐ時も、階段の手すりに靴をヒモで縛っておけば盗まれないでしょう。火がないところでは油を浸せばランプ代わりになりますし、砂漠でラクダを引き止めることもできます。腕におしゃれに巻きつけて持ち歩くもよし、カバンに結びつけるもよし、と邪魔にならないのにとても役立つ便利グッヅです。インドでも売っていますが10メートル単位で販売してたりするので、ぜひ日本の頑丈なものがオススメです。

 

 

4位、マスク

screen-shot-2016-10-26-at-9-15-50-pm

これは飛行機の乾燥した空気の中でも大活躍しますし、インドの空気の汚いところでも使えます。そして何よりもインドの人から声を掛けられるのに疲れた時に、このマスクをつけて不機嫌そうにしていると、「何かの病気なのかもしれない」と勝手に思い込んで、人が近寄って来なくなります。とても便利です。

 

3位、ペタンコの靴

ima20160724325716_tp_v

ヒールでも歩けるのですが、やはりフラットで歩きやすい、着脱が楽で、そして汚れても大丈夫な靴をおすすめします。寺院は靴を脱ぐケースも多いですし、田舎では道がまだ整備されていないところもあります。ムンバイとかゴアの南インドだとビーチもあるし、トレッキングなどが盛んな北インドの観光地もあるので、ヒールやおしゃれ靴だけではない、ペタンコで歩きやすい靴を一足持っていくのがおすすめです。

 

2位、NOと言える強い心

kazup1090073_tp_v

お土産屋さんで相場がわからないので高値で買わされてしまう。というのはよくあることです。とりあえず、何か怪しいな・・と思ったら、ヘラヘラ笑わずに「No」と言ってその場を立ち去りましょう。「もしかしたらいい人かもしれない」という気持ちは一旦日本においてきて、観光地で初対面で会う全然知らない人に優しくされたら基本断った方が無難です。

1位、I字カミソリ

969215

これは便利!刃渡り3センチ以下のものであれば機内に持ち込めます。小さなソーイングセットのハサミでもたまに取り上げられることがあるのですが、このカミソリは全然大丈夫!T字のカミソリはインドでもよく見かけるのですが、I字はほとんど見かけませんでした。これは、眉毛を剃るのはもちろん、服を買ってタグを切る時にも役立つし、なんならりんごの皮もむけます。お肉も切れるし、きっと生ハムも削げると思います。正直みなさんが思ってるよりも殺傷能力が高い一品です。もしどこかに監禁された場合はロープをこのカミソリで切って逃げられる可能性があります。これは日常的な用途から、護身用にも使える逸品です。一本持っておいて損はないと思います。

 

 

それではみなさん素敵なインドの旅を!