エンタメレビュー

ティムバートン映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』/Miss Peregrine’s Home for Peculiar Children


ティムバートン映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』観てきました!

ボキャブラリーがない言葉で言ってしまうと、「ハリーポッター系ファンタジー感あるXメン」w でも最近のティム・バートン作品の中ではすごく良い方だと思います

原作は、ランサム・リグズによる小説『ハヤブサが守る家』(邦題)。ニューヨークタイムズ・ベストセラーにも選ばれた、ウェールズの小島を舞台に主人公の少年ジェイクの摩訶不思議な冒険を描いた作品ですが、最も良かったのはキャラクターが全部新しいこと!最近はアベンジャーやXメンなどの続編が多く、新しいキャラクターものを見る機会が少なくなったので、今回のティムの新しいキャラクターはとても良かったです

あと、今回ティムは彼女に対してかなりの思い入れがあると感じました。このシーンはとてもよくできてたと思います

Join the magical, action-packed adventure of @PeregrinesMovie, in theaters Friday! Tickets in bio. #StayPeculiar

A video posted by 20th Century Fox (@20thcenturyfox) on

癖がある美人さんという感じで、ティムが好きそうな女子だなぁと感じますね。絶対美人に成長します、間違いなく!

Never let go of your peculiarity. Watch the new clip from @PeregrinesMovie, starring @Asabopp and @Ella_Purnell. #StayPeculiar

A video posted by 20th Century Fox (@20thcenturyfox) on

実年齢は映画の中より上ですね。でも超美人さん

あとは思ったよりもエヴァ・グリーンが普通にいい人でした。もっとくせのある悪い人かと思ってたら、普通でびっくり。いやーしかし美しい。私もこんな美人に生まれてきたかった

2014年に六本木ヒルズでティムバートン展が開催されていた時に、ティムバートン本人が来てて、超興奮して手を振ったら、振り返してくれたというライフイベントがあり、並々ならぬ思い入れがある監督です。そして何よりも生み出すキャラのクリーピーさの奥に秘められた可愛らしさは他の人には表現できないアートでしょう。流石です

ストーリーは、タイムリープの要素を含んでて、タイムリープを利用して好きな人を守ったり、会ったりするあたりが、最近見た「君の名は」と少し共鳴する箇所がありました。まぁここは私が連続してみた映画がこの2本だったのでそう思っただけだと思いますが。

とてもクラシックな見世物小屋のような雰囲気にさせてくれる一方で、タイムリープや敵の出現などSF的な要素がうまいバランスで取れていて、カップルで見ても、家族で見ても楽しめる作品だと思います!

トレーラーも素敵です!

日本での公開は2017年2月だそうです!

 

【作品情報】

映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』(原題:MISS PEREGRINE’S HOME FOR PECULIAR CHILDREN)
公開時期:2017年2月全国ロードショー
監督:ティム・バートン
脚本:ジェーン・ゴールドマン
キャスト:エヴァ・グリーン、エイサ・バターフィールド、サミュエル・L.ジャクソン、エラ・パーネル、ジュディ・デンチ、テレンス・スタンプ
© 2016 Twentieth Century Fox Film Corporation.

ーーーーーーーーーー

あわせて読みたい?

映画スーサイド・スクワッド見てきた

映画モヘンジョ・ダロきたーー!

映画ジャングルブックってインドが舞台だったの

映画手塚治虫のブッダ観てみた!

映画アングリーバードがヨガしてた件

インドの映画館ってどんな感じ?