欧米ネタまとめ

デモ!日本人からイルカを守れ/Why Japanese Kill Dolphins?


コペンハーゲンで日本に対してのデモを発見しました。
Screen Shot 2016-08-31 at 2.47.26 PM

https://www.facebook.com/events/1238583756153716/

内容的には主に、日本の太地町でイルカが殺され続けていることに対してのデモです。小規模ですが、こんな活動がコペンハーゲンで行われているということにびっくりしたので書きます。日本人は十分に経済的に豊かな生活をしており、食料に困っているわけでもなければ、残忍に動物を玩具のように殺戮する民族ではありません。多くのにわか動物愛護主義者が「ザ・コーヴ」などの映画を見て、必要もなく日本がイルカを痛めつけ殺戮しているといった内容に心を痛めデモに参加する人もいるかもしれません。それについて和歌山県がイルカ漁業に関する公式見解を発表していますので、その文章を下記に転載させていただきます。(英文の後に、日本語が続きます)ちなみに、デンマークのフェロー諸島でも毎年千頭のイルカが殺されています。日本に対してデモする前に自分たちの国から止めろよ。とは思いますが、この捕鯨は「他の国がやってるからやってもいい」とか、「昔からやってるからやめられない」とか、「牛も馬も食べてるからイルカも食べちゃダメなんて誰にも言えない」とか、そういうレベルの話ではなくて人間はこの地球上に生かされている動物の一種類であることを忘れがちであるし、食物連鎖以上の必要な以上の殺生が多い」のではないか?と私は思います。なので日頃からできるだけ肉を食べないようにしています。(とは言え、完全に肉食をやめるのは簡単なことではありませんが)
————————-

The American film “The Cove”

Wakayama Prefecture believes that the issue of dolphin fishing is a very complex one. Dolphin and whale fishing are not limited only to Japan, with many other areas in the world also participating, in many cases sharing similar geographical conditions, and similar cultural, historical, and economic motivations. Despite this, ”The Cove” was a somewhat sensationalist, and very one-sided presentation of the situation in Wakayama, seen only from the view of animal protectionism.

There are a number of issues raised by the film.

Many people all over the world eat meat, and in order to do so, the lives of animals, whether wild or carefully-raised domesticated animals, have to be taken. The killing of animals for food is normally conducted out of sight in abattoirs, and it would be relatively easy to sensationalise the slaughter of any animal, by filming inside such abattoirs, for example. “The Cove” secretly filmed the scenes of dying dolphins, and depicted their deaths in a manner designed to excite outrage.

We believe that the film overstates mercury contamination by stating that dolphin meat contains 2,000 ppm of mercury. This concentration differs greatly from the actual data.

The film also includes a number of statements that distort the facts. The claim is made that “dolphin meat is sold as whale meat to cover up the mercury contamination”, that “the Japanese people do n’ot know that they are actually eating dolphin meat because of a media cover-up”, and “Japan’s affirmation that it will continue whaling and dolphin fisheries can be traced back to historical Japanese imperialism.”

The Taiji dolphin fishermen have been the target of repeated psychological harassment and interference by aggressive animal protection organizations from overseas. Taiji dolphin fishermen are conducting their fishing activity in compliance with Japanese law, following traditional methods under the supervision of both the national and the prefectural governments. We believe that it is unfair to target the fishermen themselves, since they are only following the law.

We believe that it is inexcusable to criticize the Taiji dolphin fishermen based on incorrect information and one-sided moral standards with which Japanese people do not necessarily agree. Such criticisms are an unfair threat to the fishermen’s right to earn their living and are a slight on the history and pride of the town.

Why does Wakayama Prefectural Government permit dolphin fishery?

For the southern part of the prefecture, dolphin fishery is an important traditional industry, based on the scientific management and utilization of natural resources.

Taiji, located on the east coast of the Kii Peninsula, is a small town with a population of 3,500. Located far away from major centers of economic activity, the town has a 400-year tradition of whaling, and has flourished over the years thanks to whaling and dolphin fishery. Whale and dolphins are an integral part of the food culture of the area. There are many traditional cultural events throughout the year connected with whales and dolphins, and the industry is indispensable to the local economy.

The relevant authorities control fishing activities in order not to deplete natural resources excessively. We believe that whales and dolphins are a marine resource which can be harvested in a sustainable manner with proper management. The Japanese government carries out scientific research, and sets quotas every year by species, limiting the quotas to only those stocks where populations are judged sufficient.

Overfishing would lead to depletion of precious resources or even the endangerment of the species. Accordingly, dolphin fishery is conducted based on scientific information provided by resource abundance surveys, and capture permits are granted to the extent that they do not represent any risk to stocks from the standpoint of resource conservation.

 

Why does Wakayama Prefecture continue whaling when Europe and America have ceased whaling?

 

Starting in the 1960s, the major whaling countries in Europe and America began to withdraw from the whaling industry not only because of depleted stocks but also because it was becoming unprofitable. In 1972, the UN Conference on the Human Environment decided to adopt a 10-year moratorium on commercial whaling, and there was a steady increase in the number of anti-whaling countries joining the International Whaling Commission (IWC). In 1982, the IWC adopted a temporary suspension of commercial whaling for 13 species of whales including large-size baleen whales, and Japan ceased commercial whaling in 1986.

We do not believe that eating beef or pork is somehow different from whale or dolphin meat and reject the implication that whale and dolphin meat are in some sense special, and should not be utilized as a food resource. There are also other countries and regions in the world where people make a living by whaling, and in which whale meat is an invaluable source of protein.

Japan’s whaling for research purposes is conducted in accordance with Article 8 of the International Convention for the Regulation of Whaling. The research shows that marine resources such as minke whales have increased. Abundant cetacean resources can be utilized as food in a sustainable manner and Japan is contributing to the international management of marine resources through its research surveys on cetacean resource abundance.

On the other hand, the International Whaling Commission (IWC) has no jurisdiction over small-size cetaceans such as dolphins, and each country is responsible for the management of these resources. Japan also controls the available number of small-size cetaceans for each species based on scientific surveys and permits their capture in numbers that do not affect the abundance of these resources.

 

Killing dolphins and eating their meat should not be called “Tradition” or “Culture.”?

 

Japan is surrounded by oceans, and marine resources have been a significant source of protein for the people of Japan from ancient times. Whales and dolphins are one part of such resources, and it has been established that the prehistoric Jomon people began to utilize them a food source thousands of years ago.

The southern part of Wakayama prefecture is very mountainous and therefore has little arable land. As a result, it was natural for the local residents to take whales and dolphins which come close to the coast, and utilize them as food. In Japan, we utilize all parts of the whale, not only using the meat as food but also other parts of the animal as the raw materials to make craft products. Whaling in Japan has differed from that of some other countries which, until petroleum came into use, killed an enormous number of whales solely to obtain whale oil, throwing the meat away into the ocean.

Whaling and dolphin fishery at Taiji are a natural response to the severe environment in which the local people live, and is an important industry, integrated into their culture, and providing the local people with their livelihood. In gratitude for the blessings of nature, Taiji people continue the custom of holding memorial services for the whales and dolphins that are killed. Farmers in Japan who raise livestock to later kill and eat them also feel a sense of guilt about killing their livestock, and eat the meat while giving thanks to nature.

Criticizing these activities and inflaming the public through incorrect information is just imposing one-sided value judgments on others.

Japan is one of the major economic powers. Surely the Japanese can live without eating whales and dolphins?

Whale and dolphin meat, both fresh and preserved, were a precious source of protein in Japan for the residents of remote islands, peninsulas, and villages located deep in the mountains far from the centers of economic activity. Even now, there are regions across Japan where whale and dolphin meat are a significant part of traditional cuisine, and many people who used to eat such meat in their childhood enjoy the taste, and wish to buy and consume it. Why should someone try to ban these people from eating whale or dolphin meat simply because there are other kinds of food available?

It is quite rare to find whale and dolphin meat in the markets but it is a fact that there is still demand. The fishermen who make their livelihood from catching whales and dolphins are responding to this demand. Forcing these fishermen to stop their whaling and dolphin fishery is the same as telling them to abandon their livelihoods.

Does dolphin fishery damage both the image and the national interest of Japan?

 

Food culture and habits in different countries are a response to a number of factors such as the climate, geography, history and religion of a region. Mutual respect, therefore, is critical. For instance, some religions strictly prohibit their believers from eating certain foods. They, however, do not denounce non-believers for eating such kinds of food simply because they themselves are not allowed to eat them. Dietary culture is a distinctive feature of each country, and surely no one country has the right to decide which dietary cultures are right and which are barbaric, especially if the impact on food stocks is carefully managed. We do not believe that refusing to respond to the unilateral imposition of the cultural values of these groups of activists damages the national interest of Japan.

 

Dolphins are intelligent animals and friendly to people. Why do Japanese people eat them?

 

People take the lives of living things in order to survive. People in the West rely on stockbreeding, and kill the livestock which they have carefully raised and eat the meat.

In Japan, before eating, we put our hands together saying the word “Itadakimasu,” to express our gratitude for the life that has been given to allow us to survive. Not only dolphins but also other animals including livestock such as cows and pigs display emotion and intelligence, and all of these animals have the same right to live that we have. In order to be able to eat meat, however, we have to kill these animals. We do not understand the basis of this distinction as to what animals are acceptable to eat and which are not, so long as the fishermen who hunt dolphins to make a living strictly adhere to the regulations which stipulate the species and the number of dolphins they can hunt.

 

Is dolphin meat safe to eat given high levels of mercury?

 

Mercury is a metal which exists widely in nature. Some of the mercury contained in seawater is absorbed by micro-organisms which are eaten by small fish, which are then eaten by larger fish. As we go higher in the food chain, mercury will tend to accumulate in the largest fish or sea mammals including dolphins. Studies show that dolphins, which are higher in the food chain, do contain higher levels of mercury when compared with other fish and shellfish.

We know that the amount of mercury in a dolphin is insufficient to cause acute poisoning (sudden illness developed within a few days after ingestion). Research has not yet determined all of the long-term health effects of regularly eating dolphin and whale meat. However, given that mercury is also excreted from the body, the impact on health over time is not considered significant in the context of a balanced diet. Indeed, there have been no cases over time of mercury poisoning in Taiji, where people eat quite large amounts of dolphin meat.

Mercury can pass through the human placenta and could possibly affect the development of the nervous system of a baby in the womb, although the effects are not so serious as to harm the child’s social ability. Nevertheless, in November 2005, the national government revised the “Advice for Pregnant Women on Fish Consumption and Mercury”. The revised regulation stipulates that the maximum level of mercury intake for a pregnant woman should be 2.0 micrograms per week per one kilogram of body weight. This figure means a pregnant woman can eat 80 grams of bottlenose dolphin meat once every two months.

Since Wakayama Prefecture contains regions such as Taiji, where people consume large amounts of whale and dolphin meat, classes for mothers (health guidance for pregnant women) run by municipalities advise them to avoid consuming too much of fishery products which contain high levels of mercury, while encouraging them to eat a well-balanced diet of sea food.

 

Is there a possibility that consuming dolphin meat could cause Minamata disease?

 

Minamata disease was caused by repeated consumption of fishery products which were contaminated by industrial waste containing very high levels of mercury.

Obviously there are no health risks from repeated consumption of fishery products which contain naturally delivered mercury, if the amount is within the acceptable limit of intake of mercury levels, and even for fish products which contain higher levels of naturally absorbed mercury, it is still possible to eat these fish safely if the frequency of consumption is controlled, given that the human body excretes half the amount of mercury consumed over the period of approximately 70 days.

Up to the present date, there have been no reports that naturally delivered mercury taken into the human body through sea food has caused damage to human health. In fact, there have been no cases of mercury poisoning either now or historically in Taiji, where, in addition to fishing for commercial gain, the people also used to eat a much larger amount of dolphin meat than nowadays.

 

Is dolphin meat sold with misleading labeling?

 

There have been no cases so far of incorrect labeling of dolphin meat as whale meat. If the authorities were to obtain detailed information of such infractions of the law, we would conduct the necessary research in cooperation with both the national government and related municipalities.

If we were to find such cases, the offending businesses would be subject to regulatory guidance in accordance with JAS (Act for Standardization and Proper Labeling of Agricultural and Forestry Products) and be required to adhere to proper labeling practices.

 

Is the method of dolphin fishery conducted in Taiji Town inhuman?

 

In the past, dolphin drive fishing conducted in Taiji Town used harpoons to kill the dolphins after the dolphins were driven into coves as shown in the film “The Cove”.

However, after December 2008, the killing method was changed to the method used in the Faroe Islands in Denmark, in order to reduce the time that dolphins take to die. The period of time has been reduced to around 10 seconds ,a reduction of over 95%. The wound site is much smaller and the amount of bleeding is negligible.

Moreover, since December 2008, in the same way that livestock is slaughtered in special facilities out of sight, the preparation of dolphin meat has been moved out of sight to a new hygienic facility in the Taiji Fishing Port.

Many of the issues raised in the film “The Cove” have been addressed.

 

Is Japan the only country to hunt whales and dolphins?

 

Both whales and dolphins are Cetaceans. Generally speaking, we call a cetacean which grows to over 4 meters in length a whale, and one that grows to less than 4 meters in length a dolphin. The International Whaling Committee (IWC) controls Great Whales, but does not regulate the capture of dolphins and other smaller Cetaceans.

There is an exemption for Great Whale whaling by indigenous people in order to protect their livelihood, under which, in the year 2012, 69 great whales were harvested in the US, 143 great whales were harvested in the Russian Federation, and 167 great whales were harvested in Denmark.

Norway and Iceland lodged protests with the IWC and continue commercial whaling.

In 2012, Norway captured 464 whales and Iceland captured 52 whales.

Japan does not conduct aboriginal subsistence whaling or commercial whaling.

In the 2012 fishing season, Japan captured 424 whales for research purposes.

Fishing of dolphins and small Cetaceans is not regulated by the IWC, but is self regulated by each county in order to avoid resource depletion. In 2010, 2,429 animals were captured in Greenland and 1,142 animals were captured in the Faroe Islands in Denmark. In 2011, Japan captured 3,283 animals, down from  6,577 in 2010 of which Wakayama Prefecture captured 1,218 animals in 2011 and 1,557  animals in 2010.

Whaling and dolphin fishery are conducted in many regions all over the world. Neither Japan, nor Taiji Town, is the only country or region which have whaling and dolphin fishery.

 

———————–
Source:Wakayama Prefecture Official’ View on Dolphin Fishery at Taiji.

 

太地町でのイルカ漁業に対する和歌山県の公式見解

 

1.米映画『ザ・コーヴ』について

本県では、イルカ漁の問題は非常に複雑であると考えています。イルカ漁や捕鯨は日本だけのものではなく、世界中の多数の地域で行われており、その多くが 同じような地理的条件や、似たような歴史的、経済的背景を持っています。にもかかわらず、「ザ・コーヴ」は、動物愛護の観点から見た一方的なもので、和歌 山の状況をややセンセーショナルに表現しています。
また、この映画は多くの問題を提起しています。世界中で多くの人々が肉を食べていますが、そのためには、野生にしろ大切に育てた家畜にしろ、動物の命を 絶たねばなりません。と殺は通常、人目に触れないように行われており、例えば、その現場にわざわざ入って撮影することで、その行為を煽情的に描くのは、さ ほど難しいことではありません。
映画『ザ・コーヴ』は、イルカの捕殺現場を隠し撮りし、命が奪われていく所をセンセーショナルに映し出しています。
さらに、映画では水銀汚染が誇張されていると考えられます。「イルカ肉には2,000ppmの水銀が含まれている。」と言われていますが、これは実際の データとはかけ離れています。その他、「水銀汚染を隠すためにイルカの肉を鯨肉として販売している。」、「イルカが食肉となっていることを人々が知らない のは、マスコミがもみ消している。」、「捕鯨やイルカ漁をやめないのは、日本の古典的帝国主義にある。」など事実を歪曲した内容が多く含まれています。
太地町のイルカ漁師は、これまでも何度となく、海外からやって来る過激な動物愛護団体のターゲットとなり、漁業の妨害や精神的な攻撃を繰り返し受けてきました。太地町のイルカ漁師は、国・県の監督のもと、法令規則を守り、昔から受け継がれてきた漁業を営んでいます。
このように法に則って働いているだけの漁師をターゲットにすることは、公平ではありません。間違った情報や、日本では必ずしも賛同が得られていない一方 的な価値観で批判することは、太地町でイルカ漁にたずさわってきた人たちの生活権を不当に脅かし、町の歴史や誇りを侮辱するものであり、決して許されるこ とではないと考えます。

 

2.なぜ、和歌山県はイルカ漁の許可をしているのか

イルカ漁は紀南地方の重要な産業であり、地域の伝統文化であるだけでなく、自然資源の科学的な管理および利用に基づいています。
太地町は、紀伊半島の東海岸に位置する人口約3,500人の小さな町です。経済活動の中心から遠く離れてはいますが、捕鯨の地として約400年の歴史が あり、鯨やイルカを捕って、栄えてきた町であります。鯨やイルカは当地域の食文化になくてはならないものです。鯨やイルカに関する伝統的な文化行事が年中 行われ、イルカ漁は地域経済に欠かせない産業となっています。
イルカや鯨は、持続的に利用される海洋生物資源の一つであり、枯渇することのないように、関係機関が漁業活動を管理しています。また、国は、科学的な調査を行うことで、資源量が十分なものに限り、種類ごとに毎年捕獲頭数を定めています。
無秩序に捕獲することは、貴重な資源の減少や種の絶滅に繋がる恐れがあります。従って、イルカ漁については、科学的な資源量調査に基づき、資源保護上問題のない範囲で許可を行っているのです。

 

3. 欧米諸国は捕鯨をやめたのに、なぜ和歌山県では続けるのか

1960年代から、欧米諸国などの主要捕鯨国では、鯨類資源の減少に加え、採算の合わなくなった捕鯨産業から撤退しています。また、1972年の国連人 間環境会議で10年間の商業捕鯨の停止が決定されるとともに、反捕鯨の立場で国際捕鯨委員会(IWC)に加入する国が増加し、鯨類資源に関する情報に不確 実性があるという理由から、1982年のIWC会議において大型のひげ鯨等13種の商業捕鯨一時停止が採択され、欧米だけでなく、日本も1986年以降商 業捕鯨を停止しています。
牛肉や豚肉を食べることが、鯨やイルカの肉を食べることと異なるとは考えておりません。また、鯨やイルカの肉が特別で、食料とすべきではないという考えにも賛成できません。日本と同じように捕鯨を生業とし、鯨肉を貴重なタンパク源としている国や地域もあります。
日本が行っている調査捕鯨は、「国際捕鯨取締条約」第8条に基づく調査です。その調査結果によると、ミンククジラなど資源が増えて、食料として利用可能な種類もあり、鯨類を持続的に利用するために資源量調査を行うなど、国際的な資源管理に協力しています。
なお、イルカなどの小型鯨類はIWCの管理対象外で、各国が自国の責任により管理することとなっており、日本でも捕獲対象となる種類ごとに科学的調査に基づき、資源に影響のない範囲の頭数を捕獲しています。

4.イルカを殺して食料とすることを、伝統や文化と呼ぶべきではないのではないか

日本は四方を海に囲まれた島国で、古来より海産物を重要なタンパク源として利用してきました。鯨やイルカもその一部で、有史以前の縄文時代からの長きにわたり食糧源とされてきたことが判明しています。
和歌山県の紀南地方では、非常に山が多いため耕作地に乏しく、沿岸に来遊する鯨やイルカを古くから食料としてきたことは、ごく自然なことです。日本で は、捕獲した鯨類は余すことなく活用されており、肉を食料とするだけではなく、その他の部分は工芸品の材料として利用されています。日本の捕鯨は、石油の 利用が始まるまで、鯨油の採取のみを目的として捕鯨を行い、大量に鯨を殺しては、その大部分を海に捨ててきた一部の外国の捕鯨とは一線を画してきました。
太地町で捕鯨やイルカ漁が重要な産業となり、その文化に取り入れられ、地域の人々の生業となったことは、その厳しい環境に対応するために生じた当然の結果です。
自然の恵みに感謝しながら、捕殺された鯨やイルカの供養祭を行うなどの習慣が今も続いています。大量の家畜を飼い、と殺し、食している日本の農家の人々も同じです。家畜の命を絶つことの罪を感じ、自然に感謝しながら食べています。
この営みを一方的に批判したり、不正確な情報で煽ったりすることは、価値観の一方的な押しつけに過ぎません。

 

5.日本は経済大国であり、鯨やイルカを食べなくても生きていけるはずではないか

日本においては、経済活動の中心から遠く離れた離島や半島、奥深い山村では、鯨やイルカ肉、その保存食が貴重なタンパク源とされてきました。今なお、鯨 やイルカの肉が伝統食の重要な一部となっている地域が全国に散在し、また、その地域の出身者や小学校の給食で食べた思い出のある人々はその味を楽しみ、買 い求めています。このようなことを、他の食べ物があるからという理由だけで、「やめるべき」と言えるのでしょうか。
大量に流通、販売されているものではありませんが、現に今でも需要はあります。そして、鯨やイルカを捕獲して生活をしている漁業者は、その需要に応えているのです。捕鯨やイルカ漁をやめろと言うのは、この漁業者たちに自分たちの生活を捨てよと言うのと同じです。

 

6.イルカ漁は、日本のイメージを下げ、国益を損なうのではないか

各国の食文化や食習慣は、その地域の気候、地理的条件、歴史や宗教など、数々の要因により形成されるものであり、相互尊重の精神が必要とされています。 例えば、宗教の中には、厳しい戒律により禁止されている食べものがあります。しかし、自分たちが食べないからと言って、信者以外がそれを食べていることを 非難することはありません。このような活動家たちによる一方的な文化的価値観の押しつけに屈しないことが、日本の国益を損なうことになるとは思いません。

 

7.イルカは知的で親しみある動物なのに、どうして日本では食べるのか

人は皆、生きるために生き物の命を奪っています。西洋の国々では牧畜が盛んであり、大切にかわいがって育てた家畜をと殺して、食料としています。
日本では、食事をするときに、自分たちが生きるために捧げられた命に対して、感謝の心を表すために『いただきます』と言って手を合わせます。イルカだけ でなく、牛や豚などの家畜にも感情や知性があり、これらすべての動物には、我々と同じく生きる権利があります。しかし、肉を食べるために、我々はこれらの 動物を殺さなければなりません。漁師たちが捕獲するイルカの種類や頭数の制限を厳守し、生活のためイルカ漁をしている限り、食べてよい、いけないという観 点で動物を区別することは理解できません。

8.イルカ肉には高濃度の水銀が含まれているが、食用に用いるのは安全か

水銀は、広く自然界に存在する金属です。海水中に含まれる水銀の一部は、微生物に吸収され、それをえさとする小魚から、小魚を食べる大型魚へと取り込ま れていきます。食物連鎖の頂点に近づくにつれ、最も大きい魚類やイルカ等の海洋ほ乳類に蓄積される傾向があります。食物連鎖の高位にあるイルカには、他の 魚介類と比べて高い濃度で水銀が含まれていることが判明しております。
これら水銀量は、急性中毒(食後数日以内に健康を損なうこと)を引き起こす量ではないことが分かっています。ただし、イルカ肉や鯨肉の定期的な摂取によ る長期的な健康への影響については、すべてが特定されているわけではありません。しかし、体内の水銀も排泄されると考えると、バランスのとれた食事をとっ ていれば、長期的な健康への影響は大きくないと考えられます。実際、イルカを多く食べる太地町においても、長期的に見て水銀中毒の報告はありません。
しかし、水銀は胎盤を通過し、社会生活に支障があるような重篤なものではないものの胎児の神経系の発達に影響を及ぼす可能性があることから国では 2015年11月に「妊婦への魚介類の摂取と水銀に関する注意事項について」を改正し、妊婦の耐容週間摂取量が体重1kgに対して2.0マイクログラムと されました。これは、バンドウイルカだと、1回80gとして妊婦は2ヶ月に1回食べられる量になります。
和歌山県は太地町など鯨類多食地域を含む県でありますので、各市町村役場で実施する母親学級(妊婦対象の保健指導)などでは、水銀濃度が高い魚介類のみを偏って多量に食べることを避けることや、併せてバランスのとれた魚介類の食べ方についての指導を行っています。

9.イルカ肉の摂取は水俣病につながるのではないか

水俣病は極めて濃度の高い水銀を含む工業廃棄物に汚染された魚介類を繰り返し摂取したことによるものです。
天然由来の水銀を含む魚介類は、水銀の耐容摂取量以下であれば食べ続けても健康リスクがないことは明らかです。また、天然由来の水銀を多く含む魚介類で あっても、体内に取り込まれた水銀は約70日で半量が排泄されるので、消費の頻度をきちんと管理していれば、安全に食べることができます。
これまで、自然現象として蓄積した魚介類由来の水銀摂取が人間の健康に被害を起こしたという明確な事例は報告されていません。現に、太地町では、昔から イルカを捕獲して収入を得ながら、今よりはるかに多量のイルカを食べていましたが、今も昔も水銀中毒の話は出ていません。

 

10.一部のイルカ肉はまぎらわしい表示で販売されているのではないか

現時点において、イルカ肉が鯨肉として不正表示されている例はありません。そのような法律違反に関する具体的な情報を把握した場合は、国や市町村と連携して必要な調査等を実施します。
そして、その事実を確認した際は、JAS法(農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律)に基づいて、規制当局が違反事業者に指導を行い、適正表示の徹底を義務付けます。

 

11.太地町のイルカ捕獲方法は非人道的ではないか

太地町におけるイルカ追い込み漁は、以前は、映画『ザ・コーヴ』で示されたとおり、イルカを入江に追い込んだ後に、銛を用いて捕殺していました。
しかし、2008年12月以降は、イルカが死ぬまでにかかる時間を短くするために、デンマークのフェロー諸島で行われている捕殺方法に改められています。 この方法では、捕殺時間は95%以上短縮されて10秒前後になりました。イルカの傷口も大幅に小さくなり、出血もごくわずかになりました。
また、家畜の解体が人目に触れないように専門の施設内で実施されているのと同様に、2008年12月からはイルカの解体も人目に触れない場所に移され、太地漁港内の新しい衛生的な施設内で行われるようになりました。映画『ザ・コーヴ』で指摘された問題の多くは解決されています。

 

12.日本だけが捕鯨やイルカ漁を継続しているのではないか

鯨もイルカも鯨類ですが、一般的に成体が4mを超えるものを鯨、4m以下のものをイルカと呼んでいます。国際捕鯨委員会(IWC)は、大型の鯨の捕獲を規制対象としており、イルカや小型の鯨の捕獲については規制していません。
大型鯨の捕獲規制の例外として、先住民が生計を維持するための捕獲は許されており、2012年において、アメリカで69頭、ロシアで143頭、デンマークで167頭が捕獲されています。
ノルウェーとアイスランドは、IWCの規制に異議申し立てを行い、商業捕鯨を継続しており、2012年には、それぞれ464頭、52頭を捕獲しています。
日本は、先住民生存捕獲も商業捕鯨も行っておらず、2012年漁期は、研究目的として424頭を捕獲しました。
一方、IWCが規制していないイルカや小型の鯨の捕獲は、資源が枯渇しないように各国の自主管理のもとで行われており、2010年には、デンマーク領グ リーンランドで2,429頭、デンマーク・フェロー諸島で1,142頭が捕獲されています。日本では、2011年において、3,283頭(2010年は 6,577頭)を捕獲しています。うち、和歌山県では、1,218頭(2010年は1,557頭)を捕獲しました。
このように世界中の多くの地域で鯨類の捕獲が行われており、日本だけが行っているわけではありませんし、ましてや太地町だけが行っているわけではありません。

 

————–
転載:http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/071500/iruka/index.html