欧米ネタまとめ

海外の人が着ている日本語が変なTシャツの日本語を読解してみる


海外にいると時々、どうしてそんなおかしい日本語になった?っていう刺青やTシャツを見かける

最たるものが、Superdry極度乾燥(しなさい)というUKブランド。結構前からあるが、最近では日本でもよく見るようになった。”極度乾燥”まではいいが、”(しなさい)”がよくわからないけど、ブランド名とは打って変わって、結構生地の質や強度が結構良い。しかも意外に高い。

index

superdry-main

 

前回は、バリで「幸福七」というタトゥーを見た。恐らくラッキーセブンの意味なんだろう。ハワイで「生」というタトゥーを入れたお兄さんに、「これ日本語で、”ライフ”、”生きてる”って意味なんだろ?」って聞かれた時は、「いやフレッシュ(新鮮)って意味だよ」って教えてあげたら爆笑してた。あとは、アメリカで「侘寂」(ワビサビ)のタトゥーを入れたおじさんに、これの意味をちゃんと英語で説明してと言われて、”侘び寂び”に関するWikiを英語版で見せてあげたこともあった。まぁ日本人女子が「Fuck Me!」って書かれたTシャツを着てるのと同じだと思うと、別段まぁ同じレベルだなと思う。

しかし!!

 

タトゥーにしてもTシャツの誤字にしても、日本語や漢字であれば日本人である限り、誤訳された元の文章は理解できる。”Superdry”も”極度乾燥”で間違いはない。”Dry”の動詞の前に何もついてないので、命令文の可能性もあると翻訳機が判断して”(しなさい)”とカッコをつけて翻訳されたんだろう。まぁ理解できる。

 

しかし!

 

今、目の前で起こったことを正直に話すわ。目の前に歩いている男性の背中になにやら見慣れた文字が・・

Screen Shot 2016-08-25 at 11.08.33 AM

ちょっと近寄る。そうだ、日本語だ・・・・

Screen Shot 2016-08-25 at 11.08.54 AM

ん?「私に・・・・?」

Screen Shot 2016-08-25 at 11.09.06 AM

「私にオッズを教えて決して」・・・・・・

Screen Shot 2016-08-25 at 11.09.16 AM

「私にオッズを教えて決して」・・・・

オッズって何だよーーー!

Screen Shot 2016-08-25 at 11.09.26 AM

オッズーーー!なにー!??教えないけど、気になるから私に教えて!気になる気になる気になる・・・・・

Screen Shot 2016-08-25 at 11.09.34 AM

 

英語だと「Never teach me Ozzu」かな?

 

あーオッズが気になりすぎて眠れないわ〜。と思いウィキペディア先生に聞いてみたら、「Odds」である可能性が高い!と判明!Odds(オッズ)とは、競馬などのギャンブルに使われる確率論の数値のことのようだ。なので恐らくこのTシャツは、「Never teach me Odds」訳:ギャンブルの勝率を私に決して教えないで = 私はギャンブル好き という意味のTシャツと捉えられる。まぁこれならわかる!

 

は〜すっきりした!解決!(?)これで今日もぐっすり眠れそうです。