欧米ネタまとめ

東京でカレーパーティ!/Curry party in Tokyo


東京でカレーといえば、どこでしょう?私は神保町のスマトラカレーが大好きです!ボンディよりも好きです!

今回はほぼ10ヶ月以上ぶりに帰国だったので、私の大好きな日本料理のお店に超お願いをして、カレー会を催させていただきました。
13698259_10209634846249155_6389093285601993475_o

本当にこのお店にはお世話になりまくってます。普段はトマトすき焼きが尋常じゃなく美味しいので、是非行ってみてください(PR)

13680309_10209634809008224_3026499321298506083_o(1)

実は婆娑羅という言葉はサンスクリットのVajra(バジーラ)が語源でダイアモンドとか硬く強いものを示す意味なのです

13667884_10209634808928222_8859613056367292048_o

カレーなのに、日本料理屋さんでイベントさせてもらうという果てしなく無謀な依頼だったのですが、普段はメニューにないカレーを豪華絢爛に作っていただき、もう感謝しかありませんです。

来ていただいた女子な方にはビンディー(額に貼るやつ)を貼らせていただきました。

13613098_10209634842689066_4326989939050617563_o

ビンディー!

13730917_10209634815688391_108619484664285706_o

ウェルカムドリンク

13613434_10209634815608389_2989155012521075413_o

13692973_10209634810568263_4748733753072382380_o(1)

おつまみ

13690993_10209634809408234_1589571108660866013_o

本日のメニューは
・小山さんの松坂牛とサマートリュフのカレー
・婆娑羅料理長の骨つき本格インド風チキンカレー
・副料理長の牛すじカレー
・平成学園のフレンチシェフによるバターカレー
・青柳料理長(香川出身)のカレーうどん
・青柳料理長のカレーぱん
・サフランライス
・くまモンのトマトごはん
・手作りナン
・エビカツ、ポークカツ
・タンドリーチキン
・松坂牛ステーキ
・自家製ラッシー
・チャイプリン
・インドチャイ などなど

13701233_10209634849329232_2669491534903442577_o(1)

13735155_10209634814408359_3757245976501729_o(1)

松坂牛!!悶絶にうます!(インドでは全く牛食べなかったからねー!)

13641176_10209634815128377_5298494806654876866_o(1)

そうそう!福神漬け!らっきょう!あーたまらん!

13717235_10209634810128252_6356519569900128727_o(1)

エビフライをカレーにインしたら激ウマに!

13698157_10209634812008299_8187857115127287341_o(1)

一口豚のカツレツ!うまい!

13708346_10209634814448360_7769241350571824854_o(1)

このトマトライス!すごくカレーに合うんです!

13724063_10209634814248355_3164733696468827466_o(1)

サフランライスも!!うー泣ける!

13737639_10209634812048300_3122770620539589415_o

おいしいよ〜(涙)

13710675_10209634808968223_6753915411984961464_o

ナン!

13730936_10209634813688341_5057714146748380555_o

インドには全然ない、カレーパン

13724092_10209634812768318_9201683997965213588_o

このね!カレーうどんのね!だしの美味しさは異常!

13734978_10209634813728342_2223056739349669957_o

チャイは、カシミールサフランティーを私がインドから茶葉を持って帰って淹れていただきました!最高!

13737625_10209634815528387_8468688235047584667_o(1)

そして、この金の手乗りガネーシャが当たるイベントも実施!あっという間のカレー会でした!

13719526_10209634852769318_5022081322971495533_o(1)

本当に婆娑羅の皆様ありがとうございました!

13735171_10209634810608264_5414680723800764680_o

ちなみに、普段「婆娑羅」に行かれてもカレーはありませんので、ご注意を!でもおいしい日本料理が楽しめます!

 

関連ランキング:懐石・会席料理 | 京橋駅銀座一丁目駅宝町駅

ちなみに

なぜ私がカレー会を東京でやったかと言いますと、やはり日本サイドから見るとインドってまだまだ辺境の地なんですよね。毎日カレー食べてるとかターバン巻いてるとかガンジス川で屍体焼いてるとか、ニュースといえば集団レイプの話とか。間違っちゃいないんです。実際にそうですから、でもね、でもね、素敵な面もたくさんあるんです。私のいた南インドの人は超絶優しいし、カレー以外の食べ物もたっくさんあるし、タイのリゾートアイランドにも劣らないリゾートエリアもあるし!でもそういうことを講演会を開催して壇上に立っていくら叫んでも一方的なんです。そしてそんなインドの講演会に来てる人はすでにインドについて関心があり、ある程度のインドに対する知識がある。そんな人たちはほっといてもインドのいいところは勝手に見つけてくれる。でもインドに興味がゼロの人に魅力を伝えるには、やはり実際にあって食事という共通点を通してインドを知ってもらうこと、そして直接みんなが持ってる疑問や質問にインドに住んでた私から答えさせてもらうことで、少しでも興味がゼロからイチくらいにはなったかなと!別にインドの観光大使じゃないんですが、やはり素敵なものはシェアしたいと心の底から思うのです。

 

そして今回はインド発のカレーという料理を日本の料理屋さんで作っていただいたことによる、文化の多様性、食の多様性の可能性を感じてもらえる会にしたかった。というのもあります。日本カレー、それは和と融合して独自進化した食べ物。自衛隊も毎週金曜日はカレー(曜日感覚を失わないようにだそうです)だし、私も小さい時は毎週のようにカレー食べてました。こんなにも日本の食卓に馴染み愛されてきたカレー。全然インドカレーとは違うんですが、でも泣けるほどおいしい。

 

「カレー」・・・きっとこの食べ物には、幼少期の家族との思い出とインドで過ごした日々の思い出がスパイスとして入ってるから

 

 

やまだくーん!座布団3枚もってきて!

 

 

最後、うまいこと言えたので今回はここらへんで失礼!