欧米ネタまとめ

この発想はなかった!「徳利イカ」を楽しむ4ステップ


3月。フグも、カキもシーズン終わってしまい、今年はヒレ酒飲めなかったなぁ・・・・悲しい、とお嘆きのみなさんに朗報。「徳利イカ」美味しいらしいです。こういうのって、たまに無性に食べたくなるんですよね。日本海育ちだからでしょうか?


作り方はこちら!

 

1、スルメイカの足を引っ張って内臓を取り出す


1
2

2、空気を入れて膨らます

 

3

5

 

3、形を整えながら4日間ほど乾燥させる

 

7  8   9

4、お酒を入れて飲む!飲んだ後は炙って食べる!

 

14

ー徳利イカは熱い日本酒を入れるとお酒の風味が良くなり、数回使った後は焼いて酒の肴として食べられる人気の特産物です。10月中旬から4月中旬ごろまでがシーズンですが、空気が乾燥するこの時期がもっとも生産に適していて、質も良いということです。イカの耳で作ったおちょこも添えて約6千個を生産し、天橋立などの土産物店で1個750円前後で販売されます。

画像・文章引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160219-00000021-mbsnewsv-l26

 

ちょっとお値段高めな気もしますが、新橋あたりの居酒屋でこれに酒いれて、出せばもうちょい儲かる気がしますね。
ローカルのこういう一風変わったお土産を一生懸命作ってる人のストーリーを知ると、なんだか胸が苦しくなります。

生き残って欲しいです

ローカルの港町

がんばれ!


って気分です。