欧米ネタまとめ

そうだ!ベジタリアンになろう!/How to became a Vegetarian?


日本では肉食系女子だと言われ続けて久しい私ですが、ダーリンが結構なベジタリアン(純粋菜食主義者)で、その上ビジネスパートナーも厳格なベジタリアンでお酒も摂取しないので、なかなか肉を食べるチャンスがありません。初期は肉に対する禁断症状が危険ドラック中毒者並みにありましたが、今ではまぁ1週間に1回チキンを食べれたらいいレベルで、お酒も1ヶ月に3回飲むか飲まないかくらいです。東京で浴びるように毎日お酒を飲み、肉をむさぼってた頃と比べたら、今の瀬戸内寂聴並みに落ち着いたんじゃないでしょうか?

1

さて、今回はベジタリアン(菜食主義者)のタイプをご紹介!

◆ ビーガン、ピュア・ベジタリアン(純粋菜食)

◆ ラクト・ベジタリアン (乳菜食)

◆ ラクト・オボ・ベジタリアン (乳卵菜食)

大きくわけるとこんな感じです。完全な菜食主義から、乳製品はOKと卵はOKという許容範囲があります。インドの人は、乳製品はOKというベジタリアンが多いですね。

Screen Shot 2015-10-15 at 12.15.53 PM
さてさて、ベジタリアンが多いインドですが、その国の飛行機で提供されている食事のチョイスを見ればその国がどれくらいベジに対する認識があるか見ることができます。

下記はインドの飛行機(ジェットエアウェイズ)で選べる機内食の種類です。

 

◆ベジタリアン・ミール(原則的に肉類の入っていない菜食主義者用の食事をさす)
◆アジアン・ベジタリアン/Asian Vegetarian (Veg) :肉や魚が含まれない一般的な菜食中心の食事
◆ブランド・ノンベジ/Bland (Non Veg):無刺激食・消化の良い食事、肉を含む
◆ブランド・ベジ/Bland (Veg):無刺激食・消化の良い食事、肉は含まない
◆チャイルド・ノンベジ/Child (Non Veg):子供用の食事、肉を含む
◆チャイルド・ベジ/Child (Veg):子供用の食事、肉なし
◆ダイアべティック・ノンベジ/Diabetic (Non Veg):糖尿病患者用に糖質を避けた食事、肉を含む
◆ダイアべティック・ベジ/Diabetic (Veg):糖尿病患者用に糖質を避けた食事、肉なし
◆フルーツプラッター/Fruit Platter (Veg):フルーツ食
◆グルテンフリー・ノンベジ/Gluten Free (Non Veg):小麦製品抜き、肉を含む
◆グルテンフリー・ベジ/Gluten Free (Veg):小麦製品抜き、肉なし
◆ヒンドゥー・ノンベジ/Hindu (Non Veg):ヒンドゥー教の肉あり
◆ジェイン・ベジ/Jain (Veg):ジャイナ教の菜食食事、肉なし
◆低カロリー・ノンベジ/Low Calorie (Non Veg):カロリーを低く抑えた食事、肉を含む
◆低カロリー・ベジ/Low Calorie (Veg):カロリーを低く抑えた食事、肉なし
◆低ラクトー・ノンベジ/Low Lactose (Non Veg):乳製品を抑えた食事、肉を含む
◆低ラクトー・ベジ/Low Lactose (Veg):乳製品を抑えた食事、肉なし
◆低プロテイン・ノンベジ/Low Protein (Non Veg):タンパク質を抑えた食事、肉を含む
◆低プロテイン・ベジ/Low Protein (Veg):タンパク質を抑えた食事、肉は含まない
◆低プリン体・ノンベジ/Low Purine (Non Veg):プリン体を抑えた食事、肉あり
◆低プリン体・ベジ/Low Purine (Veg):プリン体を抑えた食事、肉なし
◆減塩・ノンベジ/Low Salt (Non Veg):塩分を控えた食事、肉あり
◆減塩・ベジ/Low Salt (Veg):塩分を控えた食事、肉なし
◆ムスリム・ノンベジ/Moslem (Non Veg):イスラムの食事法に即して調理された食事。豚肉製品、アルコールは一切禁止
◆ノンベジタリアン/Non Vegetarian (Non Veg):肉を含む一般的な食事
◆オリエンタル・ノンベジ/Oriental (Non Veg):東洋風の食事、肉を含む
◆ベジタリアン/Vegetarian (Veg):菜食主義の方の食事
◆ベジタリアン・オリエンタル/Vegetarian Oriental (Veg):東洋風の菜食主義食
◆ベジタリアン・ビーガン(コンチネンタル)/Vegetarian Vegan (Continental):洋風の菜食主義食
◆ベジタリアン・ビーガン/Vegetarian Vegan (Veg):菜食主義食(乳製品、卵なし)

なんと、その数30種類以上!

 

この間乗った時にフルーツプラッターを頼んだら、普通にフルーツがモリモリ出てきてとても良かったです。ダイエットに最適な低カロリー食もあるのがうれしいですね!

Screen Shot 2016-01-27 at 11.33.06 PM

※インドでは牛は神聖な動物なので、一般的に食べませんが、食べれるレストランはあります。

日本では「肉や魚を食べないなんて、人生の楽しみが90%減!」くらいのレベルで食べてましたが、今や、すっかりベジタリアンになりつつあり、完全に体調が良いので、今では菜食主義の生活を楽しんでいます。


ベジタリアン(菜食主義者)になりたい人はインドに来るといいと思うよ!


そうだ!インドに行こう!

うちにも泊まってね!コチラ