インドネタまとめ

「サイババ」とはなんだったのか?/Who is Sathya Sai Baba?


日本でも一大ブーム(?)になったサイババ。ご存知でしょうか?

私も幼心に空中から塩をだしたりゴールドを出したりするのをTVでみて「ほー!」っと思った記憶がかすかにありますが、それ以上でもそれ以下でもない感じです。

 

サイババ

 

とは何だったのか?インドの友人10人とスターバックスでお茶飲みながら聞いてみた結果。

 

インドにはたくさんのサイババがいて、だいたいサイババっていうとこの人↓

 

Shirdi_Sai_Baba_01

この人の名前は、シルディ・サイ・ババ。インドの霊的指導者。確かにこのポスターはインドの至る所で見る!簡単にいうと、修行僧(Yogi)でありがたい教えを説いてくれた方である。神的な発言が多く、神の生まれ変わりなどとして今でも信仰の対象になっているのだとか。ちなみに1918年には他界されてますが、未だ人気です。

 

 

で、私が聞きたいのはそのサイババではなく、こっちのサイババ↓

 

altarbaba

 

インドの友人にこの写真を見せると、

 

友人A
あ〜アフロ・サイババね〜

友人B
あ〜マジシャン・サイババね〜

友人C
あ〜ペド・サイババね〜

友人D
あ〜空中から金出す人ね〜いたね〜

 

 

みんな思い思いにアフロ・サイババの思い出を語り始める。みんなのアフロ・サイババに対するペテン師扱いっぷりがすごい。
sathya-sai-antarayami
 
このアフロを携えた彼の本名はサティヤ・ナーラーヤナ・ラージュ 。インドの霊的指導者。
実は彼は一人目に紹介したシルディ・サイ・ババの生まれ変わりで「人々の悩みを取り払うために降臨した」と宣言しはじめたのが14歳の時。その頃からサティヤ・サイ・ババと名乗り始めた。Wikiによれば3件以上の病院を開設し7校以上の学校を作り、4県へ水道供給設備を完成させ、貧困や孤児、災害、高齢者への援助、シングルマザーへの援助などの社会活動を大々的に行っています。

 

基本的な彼の教えは、“愛と神を中心とするもので、父なる神のもと人類は皆兄弟であり、すべての存在には神が内在しているがゆえに、すべての人を等しく愛し、助けるように” と説いている。ええ、ごもっともです、私もそう思ってますよ。

 

 

彼に何が起こったか?

sboi-sri-sathya-sai-baba-blessing-photo-image-both-hands-abhya-hastha_small

1990年代末から2000年にかけてサイ・ババに対する批判が海外で広がりました。「サイ・ババの物質化は手品であり、青少年に性的虐待をしている。サイ・ババの病院では臓器売買が行われている」と言われたり、デンマークで作成された映画 “Seduced by Sai Baba”(下記動画)、これらの影響によりサイババにより施設内で性的虐待を受けたと告白する人が少なからずいたようです。

 

しかも30歳以下の男性だけに!
けしからん!じつに、けしからん!

 

というネガティブなニュースが広まって、ネガティブなイメージを持つ人が増え、もともとのシルディ・サイババ信仰がより深まった感じですかね。原作厨が実写映画を観て、さらに原作愛が増す感じでしょうか?

111

 

ちなみにFacebookのシルディ・サイババのとサティア・サイババのページ、どちらもかなりアクティブで下手したらどこぞの芸能人より多くのリーチを集めてるので、やっぱスピリチュアルって強いなぁと。

 

私もブッダの生まれ変わりとか言ってみようかな。

 

それではみなさん、素敵なスピリチュアルライフを!
 
あわせて読みたい?