欧米ネタまとめ

クリスマスをぼっちで過ごすという運命と選択について/What is your Destiny ?


「私って男運がないんですよね。」「私には結婚して幸せな家族を作る運命にあるんでしょうか?」

クリスマスや年末というイベントを控え、今年一年の恋愛を振り返る人も多いのではないでしょうか?

111

 

人間90%は運命やな

と昭和の大経営者である松下幸之助が語ったという記事を読みました。90%が運命10%が努力らしいです。

 

私が思うに人生は30%が運命70%が選択だと思います。

 

運命というのは自分で決められない事、例えば「日本に出生した事」「平成という時代に生まれた事」「この両親の子供として生まれた事」これらは運命です。自分ではどうする事もできません。

 

選択というのは、言葉の通り、たくさんある選択肢の中から自分が意思を持って選択することです。例えば「自分が働いている会社」「友達」「彼氏/彼女」「今、私がインドに住んでいる事」「今、生きてる事」などです。

 

プラスアルファとして、努力はより良い選択肢を増やす助けをし、経験はより良い選択を行う助けの為に存在します。

 

なので、結論からいうと

 

「恋愛運がない」と言ってる人は目の前にある選択肢を見えないふりをして、選択していないだけ
「この素晴らしい人と結ばれる運命にあった」というのはあなたの選択の結果であり運命ではありません。

 

Screen Shot 2015-12-23 at 1.32.56 PM

だからクリスマスをぼっちで過ごすのは、誰のせいでもありません、あなたの選択の結果です。(私はリゾートでクリスマスします。)

 

「好きな人がいるんだけど、振り向いてくれない。」というのはあなたが異性の選択肢の中に入っていないからです。いくら待っても無理です。相性占いをしても意味ありません

あなたが好きな相手と一緒にいたいのなら、気持ちを伝える、もしくは異性の選択基準を聞いて自分をそこに合わせる以外に異性の選択肢の中に入る術はありません。とりあえず買わないと宝くじが当たらないのと同じです。ただ買えば絶対当たるというわけではありません。ただ買わないと何も始まらないという話です。

 

123

 

自分の人生イベントを「運命」という言葉で片付けないで、自分の望む人生を「選択」しましょう。

 

もしぼっちで寂しかったらインドに来るといいと思うよ!

いつでもウェルカムです!まだ部屋空いてます!

 

それではみなさん、よいクリスマスを!